電気関係:ウインカー・レバー


 当初、レバーのエボナイトの部分が欠落していた。

 適切サイズのエボナイト棒を求めて、装着した(内部で接着)。長さはホボ同じだが、形状は若干異なる。円筒状であり、ずんどうである。同じ様な形状で削れば、似たようなものになるが。

 本車のウインカー・レバーの状態を見ると、走行距離の割合に比べて、機構自体のガタが大きいと感ずる。おそらく、この部分だけ、すなわち、ウインカーの操作だけ、少し手荒だったのではないかと分析。折れていたのもその結果かもしれない。今でも、現代のクルマのように、叩くように操作するオーナーも見受けるが、そののような操作だったのだろう。

 基本的にメンテナンスのセオリーである「フォーム・フィット・ファンクション」の役目は満たしている。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)

 映像など:編集中

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研