内装関係:シートベルト


 年式上は不要だが、安全のため、また普段のクルマとしての慣れがあるので、無ければ不安を感じるというもので、現代のリトラクタブル式の三点シートベルトを装着した。

 中古のホンダ・シビック EG6のリヤ用を左右反対にし、少々のマジックを施し、建築材料のステーなどを流用して、オリジナルのコンテッサのシートベルト同様な方法で、取り付けに新たな穴など作ることなく、装着した。

 注意として、現代のシートベルのようにピラーに取り付けてないので、シート上部の固定用のプレートを付けた。そこが一般のシートベルトと異なるので使う場合、少し、気を使うことが。

 基本的にメンテナンスのセオリーである「フォーム・フィット・ファンクション」の役目は満たしている。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)

参考情報:安全面(1)- セフェティ・ベルト

映像など:編集中

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研