電気関係:パッシング機能


 現行の交通では、交差点などパッシングがないと不便を感じ、コンテッサ側の改造を一切不要な回路を考えて、ブラック・ボックスを製作し、アドオンの接続を行い、簡単にパッシングをできるようにした。もちろん、これによるオリジナルの配線などの切断はしてない。

 構造は汎用リレー(ボッシュなどの自動車用規格品)を二個使用。電源は、フューズを入れて、IGキーのスイッチに関係ない12Vの端子に接続。

 尚、日野コンテッサ1300の輸出車には、パッシン機構を内蔵した一体型のディマーリレーが装備されていた。国内仕様は残念ながら、このような安全機能は後回しにされていた。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)

20161112 Passing Realy

ディマーリレーに二つのリレーをピーギーバックさせ、コンテッサ側の配線を切断することなく接続する。

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研