エンジン&ミッション、パワートレイン関係:ハイテンション・ケーブル関係


 ディスビューからIGコイルの間のステー(右写真)、日野のもの(右側)はリークを誘発している場合がある。それに換えて、ケーブルをサポートする部分をより余裕のあるもの(左側)を作り、装着した。

 ハイテンションケーブルは、オリジナルは旧すぎるので、シリコン製など含め、手持ちもものを様々試した。結果的に温存していた米国車V8のケーブル(7mm径でオリジナルに同じ適切サイズ)のものを長さを合わせ入れている。以前確認されたリークなどの問題もない。また、ノイズ・コンプレッサ入り。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)

 映像など:編集中

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研