電気関係:前照灯


 シビェ、四灯ハロゲンに交換。当時ものの、すなわち、フランス製(今のはベルギー製でレンズのキレが甘い)を入れる。

 内側にハイビームは、実は全く同じレンズ&焦点でH4のバルブが入るもの。理由は、ミーハーであるが、通常のH1ではできないイエローキャップ付きのH4バルブを着けるため。本来、このレンズは外側用あるいは汎用(英国、フランス)であり、裏の爪は位置は外側用になっているが、一つを若干、折り曲げ、内側用のケースに入るよう極小さな改造(マジック?)を施す。車検は全く 問題ない。問われる理由もなし。若干、反射鏡の剥げもあるが照度には問題なし。

 クリーンアップについては、シビェの輸入元の原田商会(SSリミテッド)に問い合わせ、清掃方法を伺い、四灯共に反射鏡及びレンズの内側を磨いた。方法は簡単です、緩ま湯に中性洗剤を染み込ませた柔らかな布で清掃し、乾いた布で綺麗に拭き取る。

 車検での照度については、別途記述のリレーなどを入れる前でも問題なし。理由はハロゲンだからということではなく、全体の配線とか接点、スイッチ、ディマーリレーなどをなるべく電気抵抗をへらすべく清掃(よくあるサンドペーパーの磨きは絶対にしてはならない) を接点復活剤 (本当はアルコールが良いようだ) とウエスで徹底したためと、上記のレンズと反射鏡の清掃 (中性洗剤と柔らかいウエス) をしたことである。(どこかに書いてあるプラグの話と同じ)

(コンテッサ本体には一切、改造無し)
(オリジナルの東芝のシールドビームは保存)

20090429 Blue ディマーリレー

ディマーリレー、外の端子はもちろん、ケースを剥いで中の各部の接点を清掃、また機構の調整をする。なお、このタイプのディマーリレーは、フォーム・フィット・ファンクションのコンセプトで同じ機能を持つ現代の部品も流用可能である (2016.10.16 Blog 参照) 。

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研