シャシーまわり:ブレーキ・マスターシリンダー


 一般的なシリンダーの清掃&研磨によるオーバーホールなどは長期の使用を想定して行わず、欧米で常識であるスリーブ(焼嵌による圧入)加工をする。すなわち、シリンダーを新造するような方法、しかもさびに強い材質を選択できる。材質はステンレスを選択(ブロンズも選択可能)。この方法は自分や友人のコンテッサに20年くらい前から進めており、およそ10数台を施したと記憶する。焼嵌圧入の加工作業自体は、米国の専門業にて行った。当初は英国で行ったり、色々な業者と話したが、結構、各社独自のノウハウに特徴があることも勉強した。重要なことはそれら業者がこのスリービングだけで一生商売をしていることである。この米国の業者の特徴は、非常に削りしろが薄いことであり、後、2回のスリービングに耐えるとのことである。注意として、ステンレスを入れても、錆びないと言うメリットはあるが、傷はつくことはあり、それは普通のシリンダーと同じケアが必要である。

 インナーやブーツについては、新しくした。

 スリーブ(焼嵌による圧入)加工については、以下を参照。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)

参考情報:ハイドロ・シリンダー : ステンレス・スリーブ焼嵌圧入

映像など:編集中

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研