20160817:古のデータ

19830308 Tsukuba Tacs Data

 先のブログにあるように短時間に1,000キロも走ると愛車の良い悪いが明らかになります。これは何十年も前から同じで、その都度、改良点を考えることになります。これはスポーツイベントなどのある程度にクルマに大きな負荷を掛けた時も同じで1年分のアラを数分で洗い出すことにもなります。

 今回、気になったキャブのジェッティングやタイヤの空気圧ですが、昔のデータがどうなってるか、引っ張り出してみました。ちょうど、30年前の1983年3月8日の当時のTACS筑波のS68クラスに参戦した際のデータです。

 そうか、やはりジェットは、MJ/AJ/IJそれぞれ、125/160/65だったのかと、IJが大きめなのが特長です。これで6,200rpmまでバラけることなく回ったようです。ただし、ソレックスは今使用している排ガス対策を考慮した4型ではなく、本来望ましいベストな2型でした。その他、タイヤはこんな圧にしていたのだと、フロント/リア、初期設定がそれぞれ、2.3/3.0、走行後が2.8/3.5と、もちろん、公道に向くものではありません。


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研