2016.5.3:リバウンド・ストラップ調整

20160503 Rebound Strap

 当サイトオーナーの個体には一つ大きな問題を抱えていおります。それはリヤタイヤをリバウンドストラップやスタビライザーを取りはずないと交換できないことです。

 これには様々な条件があり、リバウンドストラップをサーキット走行向けにホーシングをフリーの状態で水平程度にした場合です。ノーマルホイール且つ細身のタイヤならばできないことはありません。これはスタビライザなどもあり左右の自由度が少なくなっていることも起因しています。

 そこでサーキット走行はもうないし、ノーズダイブ時のハの字の効果も鑑み、整備性向上にとリバウンドストラップを少し長め (と言っても2cm程度) のものに交換しました。これでおそらく目論んでいる6Jのホイールを足回りをバラさずに入ると期待するものです。


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研