2016.4.16:1972年製造のコンテッサの部品!

20160311 Clutch Plate

 先月3月にミッションを交換した写真を整理してました。この際ですからクラッチ板も手持ちの新品にしました。

 その写真をみると「8-72」と数字を見ることができます。当時のダイキン (現エクセディ) の製造年月を示すものでしょうか?と、言うことは1972年8月製造と理解します。

 実はこのクラッチ板、日野のものではなく、コンテッサと同じGR100エンジンを搭載したトヨタブリスカ (日野ブリスカのトヨタ版) カのものです。梱包ももちろんトヨタのものです。たしか70年代半ば近所の部品屋で購入したものです。

 当時はガスケットやオイルフィルターなど品質が改善されたトヨタブリスカ用が何時でも手に入りました。1972年8月とは、トヨタはブリスカの製造・販売終了後5年でもちゃんと補給品を製造していたと言うことです。この辺りが製造・販売終了後、日野コンテッサ1300のユーザーに何も出来なかった (むしろ補給品を戦略的に絶った) 日野自動車を考えると今でも複雑な気持ち (恨み節か!) にならざるを得ません。


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研