20160131:コールドスタートのアイドル

 ソレックスキャブのコールドスタートの常で、アクセルを2〜3度目いっぱい踏む込み加速ポンプを使いガソリンを噴射しておけば、エンジンは問題なく始動します。その後は、エンジンの回転が滑らかになるまで2〜3分、エンジンストールしなように1500回転で暖気をしています。

 そうするためにアクセルを若干踏み込んでおく訳ですが、この日は始動後、20〜30秒でアクセルを離してみると、暖まってないにも関わらず400rpmくらいでエンジンはトコトコと回転、この状態ですから充電ランプは充電不足ですから点灯気味です。

 このスポーツキット仕様のカムが入ったエンジンでも温まってない低回転でストールしなくなったということはおそらく油面の調整の結果と考えます。すなわちプラグのカブリが減少したのでしょう。結果的に微々たるものですが良い方向に進んでいるようです。



Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研