2017.9.6:Tucker Torpedo - AACA’s Project

20120929 Petersen Tucker

 何年か前、ロサンジェルのピーターセン博物館 (pertersen.org) の空力カーの特別展で出会ったTucker Torpedo (右の画像、1/4モデル) 、有名はTucker 48  (Googleの画像検査) のベースになったようです。我がコンテツと同様なリヤエンジン車であり、そのコンセプトに大いに興味をそそるもです。

 今朝のHemmingsのトップに「Rob Ida’s Tucker Torpedo ro debut at AACA Museum’s “Night at the MUseum” とありました。何となく理解するとROb Idaさんがスケールモデルを3Dスキャンしてフルスケールを構築してるようでそれをの博物館 (AACA MUSUEM) で展示されるようです。

 いずれにせよ成功をしなかった先人のチャレンジ精神を高く敬うように思えるもので感銘を受けます。

 以下は、参考までに上記画像の説明文です:

Tucker Torpedo
Quater-Scle Styling Model C.1944 by George S. Lawson (1908-1987) for Preston Tucker
Unpainted plaster and wood
The Margio and Robert E. Petersen Collection
This model was George Lawson's final contribution to the design of the the Tucker prototype and 50 pilot production cars that were unltimately build during the late 1940s. The progressive front shape was made possible in part by the car's rear engine configuration, which allowed Lawson greater flexbility when determining the vehicle's frontal countours.

タッカートーペード
1/4 スタイリング・モデル 1944年
George S. Lawson(1908-1987)プレストン・タッカー
無塗装の石膏と木材
マルギオとロバート・E・ピーターセンのコレクション
このモデルは1940年代後半に作られたTuckerプロトタイプと50台のパイロット生産車の設計にジョージ・ローソンが最終的に貢献したモデル。 進歩的なフロントシェイプは、車両のリアエンジン構成によって可能になった。ローソンは、車両のフロントの輪郭を決定する際に柔軟性を高めた。


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研