サムライの切り取られた歴史、第4回日本グランプリ - The history where the samurai is cut off, 1967 Japan GP


日野の夢(ロマン):コンテッサに託して
Una Tragedia Della Contessa(イタリア語。「悲劇の伯爵夫人」の意)

7. サムライの切り取られた歴史


 第4回日本グランプリも押し迫った1967年(昭和42年)4月末、コンテッサ1300クーペのGR100エンジンを搭載した流麗な空力ボデーのサムライプロトはピート・ブロックとともにロサンジェルスから日本にやって来た。しかし、グランプリレースでは8万余の観衆の待つ中、富士スピードウエイのトラックを1mも走ることなく去ってしまった。

chapter7 HINO SAMURAI

富士スピードウエイでの数日後の日本グランプリに出走するために
ロサンゼルス空港でパンナムのカーゴ便に積み込まれる日野サムライプロト。


The history where the samurai is cut off, 1967 Japan GP


New - Hino's Dream、Entrusting to Contessa (In Working:2004.07.23)

7. The history where the samurai is cut off


Just before 4th Japanese grand prix in the end of April of 1967, the HINO SAMURAI wrapped by the elegant aerodynamic body which loads Hino GR100 engine arrived in Japan from Los Angeles, Califorinia, U.S.A. with Peter Brock. However, the HINO SAMURAI went away with grand prix race without running the track of the Fuji speed while the spectators a little more than of 80,000 wait in grand prix race.

chapter7 HINO SAMURAI

Hino Samurai Proto loaded into the cargo flight of PANAM at Los Angeles airport in order to enter in Japanese Grand Prix several days after Fuji International Speedway.

Notice: The text in this page is not interpreted by professional translator.
Please allow us some incorrect word or grammar.
Any your comments would be appreciated. (Site Owner)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2015 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研