始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 よくある質問 日本語
プロジェクト ご意見等 ご意見から English
サイトの索引 知的所有権:各頁の下段
*****
プロジェクト
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
修復開始! - コロンビア
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
*****
TIPs(参考情報:知恵袋)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

燃料計の指針とタンクのガソリン残量について


 コンテッサ1300セダンの燃料計の指針と実際のタンクのガソリン残量の関係は、1964年当時の新車当時から結構、オーナーの声として議論されているようである(参考文献(2))。これは曖昧というか、かなりおおらかなものと理解しておく必要がある。おおよそ以下のようと頭に叩き込んで遠出をしなければならない。

 実際には満タンで32リッターほどなので目盛り上の1/2は残量が12〜20リッター、またEでは0(つまり無し!)〜8リッターと結構レンジが広いと見るべきだろう。目聡いオーナーはすでに愛車のコンテツのメーターを性格を知っているだろう。そうでないビギナー・オーナーは今すぐに愛車の性格をテストしておくことを奨める。

 クーペの燃料計も構造的に全く同じなので、おそらくこの指針表示と似た様なものであろう。独立丸形で見てくれが良いから正確と考えないほうが良いだろう。

【メータークラスターの左下に燃料計の現物】

参考文献

  • 昭和40年5月1日付け、Denso:日野ブリスカ1300用電装品について
  • 月刊自家用車、1965年5月号、座談会 - コンテッサ1300を審問する(P42-51)

(SE, Original 2009.7.4)