始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 よくある質問 日本語
プロジェクト ご意見等 ご意見から English
サイトの索引 知的所有権:各頁の下段
*****
プロジェクト
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
修復開始! - コロンビア
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
*****
TIPs(参考情報:知恵袋)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

ホイールとタイヤについて


 コンテッサ1300セダン並びにクーペのホイールとタイヤに関して整備解説書の諸元は以下の様である:

  • タイヤ・サイズ:5.60-13
  • プライ:4PR
  • リム:4.5J-13
  • タイヤ幅:153mm
  • タイヤ径:600〜625mm
  • 有効半径:284mm
  • 空気弁:TR-15

 以上であるが、PCDやオフセットなど記述がないが実測を含めて以下の様である:

  • PCD:120mm(因みに4穴)
  • ハブセンター径:68mm以上
  • オフセット:32mm (おおよその値(プラス/マイナス0.5mm程度の誤差、純正ホイールにて実測)

  純正状態のタイヤ&ホイールを装着したビューは以下を参考にされたい。当時のブリジストン/ヨコハマのホワイトリボンのバイアスタイヤ。後輪がややポジティブ・キャンバーに見えるのはセダンは0.5度のポジティブな設定である(クーペは0.5度のネガティブ・キャンバーの設定、車高は1cmほど下がる)。フロントの車高が高く見えるがこれが純正・無改造状態であり、ドライバーが乗車すると若干車高がホド良く下がる。

【コンテッサ1300に利用出来るアルミホイール】

  コンテッサ1300のホイールのサイズは上記でもわかるようにPCDが120mmと当時としても日野だけのサイズだった。少し後になるが初代のマツダ・ルーチェは14インチながらPCDは同じ120mmであり、オフセットも似たようなものだった。ホンダが1300また初代のシビックは同様にPCDが120mmだった(これは日野のコンテッサ中止以前にホンダに移籍したコンテッサ開発・設計の中心的な技術者たちのDNAによりものと思われる)。しかしオフセットがフロントドライブのためコンテッサにはいささか過大な45mmであった。

 以下は、1970年代のPCD 120mmを持つホイールのデータである。利用可能と思われるもののみを列記する:

フォーミュラワン(ユーピー)
サイズ
PCD(mm)
Off Set (mm)
重量(kg)
適合車種
5J-13
120
36
4.9
シビック アコード
6J-14
120
15 (*.2)
5.8
コスモ
FPS(イタリア)
5J-13
120
25 (*.1)
 
シビック
エンケイ、MAG ディッシュ
5J-13
120
10 (*.2)
  シビック
ハヤシレーシング
5J-13
120
40
 
シビック
*.1:165サイズは問題ないと推測するが、太いタイヤではリヤのフェンダーに接触の可能性あり。車両の個体差も1cm程度あり。さらに細かい事ではあるがつらいちの場合、タイヤの種類によってサイズが同じだが結構幅が異なることに注意しなければならない。例えば、165サイズでもオートバックスのはかなり細身(究極の製品コスト削減か?)、逆にミシュランは結構太い、タイヤさんに並べてある光景をみれば一目瞭然である。
*.2:おそらく確実にリヤはフェンダーの加工(引張り/折曲げが必要と思われる。
上記のホイール以外にも多くのPCD120mmは13インチ(シビック&アコード用),14インチ(コスモ用)存在する。ワタナベ、エンケイ、コスミック、クロモドラ、ゴッティ、スポードスターほかきりがない。デザインもスポーク、デッシュ、メッシュと何でもあれである。尚、オフセットが大きい場合、調整するためのスペーサは要注意である。標準のスタッドボルトは短い。スチールホイールならば若干の厚さは可能だが、アルミホイールの場合は皆無であり、長いスタッドボルトに入れ替えねばならない。例えば、フォーミュラワンの13インチ、オフセット36mmは3〜5mm程度のスペーサーが好ましいと考える。

【ホイールの重量】

 足下の重量は最も重要なチューンアップの一つと言える。そこでPCD120mmでコンテッサに利用可能なものの重要を実測比較して見た。参考迄に以下のようである:

メーカー
サイズ
材質
重量(kg)
日野純正(但し、14インチ)
4.5J-14
7.0
5J-13
アルミニウム
6.5
5J-13
マグネシウム
4.2
DEL米国ホフカー社のパターンをコピー)
6J-13
アルミニウム
6.0
ワタナベ、Bタイプ
6.5J-14
マグネシウム
5.2
当サイトオーナーのワンオフ(ホフカーパターン)
6J-14
アルミニウム
6.3
当サイトオーナーのワンオフ(ホフカーパターン)
7J-14
アルミニウム
6.6
参考:LeGrand(ヒノ・サムライのフロント用)
8J-13
マグネシウム
3.6
参考:LeGrand(ヒノ・サムライのリア用)
10J-13
マグネシウム
4.9
(註)上記の重量は家庭用の体重計使用、よっておよそ0.1kg程度の誤差はあり。

【PCD 120mm ホイールコレクション】

デルフォーミュラなどに使用されてDELのロゴが刻印された当時もののアルミホイール。写真のものはサイズは6J-13。実はこのホイールのパターンは米国ホフカー社(Huffaker Engineering)のGENIE-CORVAIR用のもの。ホフカー社はほんもののアルミ製造技術があったようだが、残念ながらDEL製は結果的に多くが巣だらけだった。
xxx
70年代半ば、カートなどで有名だったカーレルのホイール。サイズは6J-13。標準ではPCD114.3だったが特注で加工可能だった。このカーレルも多くは巣だらけだった。少量生産の宿命だろう。タイヤはフロントが175/70-13、リヤが185/70-13。
xxx
70年代のメッキスチールのカスタムだったエルスター。前輪は5J-13,後輪は5.5J-13。PCD120mmは114.3の既製品に穴明け加工だった。タイヤはフロントが175/70-13、リヤが185/70-13。
xxx
ENKEIのアメリカンなAHPコピー品。サイズは6J-14。コスモ用に販売された。本当にこんなコピー品がどうしてオーケーだったのか理解しがたい。しかし本家のAHPはこの14インチサイズはなくアメ車向けの大きなサイズ且つ5穴しかないのだ。
xxx
ENKEIの定番のディッシュ。これは5J-13であるがオフセットは10mm程度である。最初のホンダ・シビック用に販売されたようだがこのオフセットでは「はみ出し」状態だったろう。先駆者だったか!タイヤは往年のダンロップ G5、5.60-13、すなわち185/70-13相当。
xxx
フォーミュラワン、5J-13、オフセット36mm。よって若干オフセットは大きいが、0.5インチ幅が広さで相殺され見た目の標準のホイールと似たような感じ。タイヤは175/70-13。
xxx
フォーミュラワンの14インチ。フロントが6J、リヤが7J。タイヤはそれぞれ185/60、195/60を装着。
xxx
同じく、フォーミュラワン、6J-14、オフセットは15mm。
xxx
FPSの5J-13。タイヤは185/70-13、リヤはフェンダーとクリアランスがゼロ状態、本当はイタリアンを生かし、ピレリの165/80-13あたりにしたいところだ。
xxx

参考文献

  • 日野コンテッサ1300整備解説書(CONTESSA1300 MODEL:PD100 SHOP MANUAL)、昭和39年9月1日

(SE, Original 2009.9.12、更新:2009.11.15)
(SE, 重量部分追加 2010.2.27)
(SE, 注意事項の加筆 2010.6.20)