始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
プロジェクト
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
ニュージーランド製日野コンテッサ、オリジナル・ガルフブルーにリペイント
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
コロンビア - 修復開始!
コロンビア - 修復作業中
コロンビア - 修復完了!
コロンビア - 謎の日野コンテッサ1300
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
オイル・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
ブレーキ&クラッチ・ライン関係
Fun to Drive 日野コンテッサを目指して - GR100 エンジンのリノベーション その1
コンテッサ誕生50周年記念フォグランプカバーの制作
ホワイトリボン・タイヤのホワイトニング
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
悲劇伯爵夫人、そして素顔の伯爵夫人へ - 青セダン物語
日野小型車グローバル・センサス(調査)プロジェクト
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
Form, Fit, and Function (F3)
***

*****

フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(1)


 最近(2006年5月当時)、ある縁でコンテッサ1300セダン・デラックス(車台番号はPD100-527379)の面倒を見ている。ブレーキ&クラッチのオーバーホールで気がついたことをメモしたい。

 ボクは、てっきり前輪のホイール・シリンダーの内径が、日野の整備説明書(昭和39年9月1日印刷発行)の180頁(添付コピー)にあるように、13/16インチすなわち20.64ミリ、後輪が7/8インチすなわち22.22ミリと信じていた。

 ところがセイケン・クラシック(所謂、制研化学工業:製造元、明治産業:販売元)のホームページを見ると、前後同じサイズのように見えた。問い合わせて見ると、彼らの資料では前後ともに同じ13/16になっており、販売品は前後ともに共通品で13/16であると、色々とこちらの質問に対して、ご丁寧な会話をいただいた。
そこでパーツカタログをあらためてチェックしてみた。確かにカップの品番は前後共通であった。但し、後輪については互換性のない旧品番も記述されていた。おそらくこれが旧品番の7/8である。

 それでは何時から何故、後輪が7/8から13/16に変更になったのだろうか?パーツカタログからは知る由がない。これは当時の運輸省の届出資料(315号)から明らかになった。一部構造変更として、「主ブレーキの前後輪のライニング寿命を均一化するため、前後輪のブレーキ配分比を変更します」、「開始車台番号はPD100-519300」。これで一件落着。

 結論として、車台番号がPD100-519300以前は、前輪のホイールシリンダーの内径は13/16、後輪のホイールシリンダーは7/8の異径であること、PD100-519300以降は、前後共通の13/16である。また、セイケン・クラシックのホイール・シリンダー・キットは13/16のみである。注文の際は注意されたい。また、7/8の場合は相談されることを薦める。

 尚、セイケン・クラシックのコンテッサのブレーキ&クラッチ関係のキットはホームページ(または電話)下記に。入手は直販ないし最寄りの販売店を紹介いただける。

参考資料:

  • 日野自動車、コンテッサ1300 整備説明書(S39.9.1印刷発行)
  • 日野自動車、コンテッサ1300 パーツカタログ C-5020(S41.5.1発行)
  • 日野自動車、運輸省届出資料(315号、S41.5.24)、自動車の構造・装置の変更について

セイケン・クラシック:http://www.mesaco.co.jp/seiken-classic/

****
【日野の整備説明書(昭和39年9月1日印刷発行)の180頁から】
****
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, 2008.5.10(改訂)、2006.5.28(オリジナル))

*****