始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
プロジェクト
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
ニュージーランド製日野コンテッサ、オリジナル・ガルフブルーにリペイント
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
コロンビア - 修復開始!
コロンビア - 修復作業中
コロンビア - 修復完了!
コロンビア - 謎の日野コンテッサ1300
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
オイル・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
ブレーキ&クラッチ・ライン関係
Fun to Drive 日野コンテッサを目指して - GR100 エンジンのリノベーション その1
コンテッサ誕生50周年記念フォグランプカバーの制作
ホワイトリボン・タイヤのホワイトニング
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
悲劇伯爵夫人、そして素顔の伯爵夫人へ - 青セダン物語
日野小型車グローバル・センサス(調査)プロジェクト
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
Form, Fit, and Function (F3)
**

***

エア・エレメントの新造!


 コンテッサ1300は生産中止から40年近く(2006現在)を経とうとしている。部品を新しく作ることは非常に大変なことであり、資金的にも莫大なものになる。これにはおのずから出来ることに限度がある。そこで、最も良い方法は、他車のものを流用することである。オリジナリティを保つという意味では、問題あるが、そうでないところはこだわる必要がない。ここにエアエレメントの製造を試みて見よう。

 用意するもの:

  • エアエレメント:ホンダのアクティ550/4WD(H-TA,TB:77-79;J-TA,TB,J-VD:78-;M-VH,TC)用
  • コンテッサ用エアエレメント(古いもので結構)

 工具など:大きめのマイナスドライバー:

  • プライヤー
  • サンダー
  • スクレイバー
  • 両面接着テープ(厚手のもの)
  • 接着剤
  • ビニールテープ

 工作手順:

  • まず、部品屋または日曜大工の店に行ってエアエレメントを購入する。今回、試作に使用したものはケイヨーホームセンターで780円であった。
  • 次に、古いエアエレメントの加工に入る。最終的にエアエレメントについている蓋を取ることが目的である。そのために、蓋と反対側についている薄いカバーをドライバーでこじ開けプライヤーで取り去る。
  • そして、それが取れたところでエレメントの外周についている網をプライヤーできれいに取り去る。
  • (4)エアエレメント、すなわちジャバラの紙をきれいに取り去り、その内側の穴あきの薄い鉄板も根元からプライヤーで取り去る。
  • そして、最後の加工が蓋の内側についた接着剤を取り去ることである。これが以外とヤッカイものである。しかし、これはサンダーで思いッきり削り取ってしまうのが手っ取り早い方法である。これで、エアエレメントの蓋がきれいに残ったわけである。
  • 次に新しく買ってきたホンダのエアエレメントの加工をする。これも至って簡単。ホンダのエアエレメントは一方が閉じた形(実際は2cm程度の穴がある)、もう一方が開いた形となっている。この閉じたほうについているゴムパッキンをスクレイバーで取り、それを接着剤でもう一方の開いている方に接着する。そして、閉じた方側にある小さな穴を内側/外側からビニールテープで塞ぐ。
  • さあ、次が最終工程である。両面接着テープを1cm各程度に切ったものを3つほど用意する。これは小さいほど良い。これを先ほどのエアエレメントの閉じた方側の外縁に沿ったところ3点に張り付ける。そして、これをで加工した蓋を接着/結合すれば完了である。

 ここまでの所要時間は約30分ほど。

 この方法の特徴は何といっても、上記にある蓋を1ケ作れば後はホンダのエアエレメントを購入さえすればすぐ使えることである。理由は簡単、このホンダのエアエレメントは形状、サイズがコンテッサのものとドンピシャ同じなのだ(正確にはホンダのほうが2mm程長いが、これは無視)。そして、これはオプション。蓋はメッキすると見栄えが良くなる。

 尚、エアエレメントはここで使用したもの以外日産のものが同じ方法で使用できる。それはパルサーディーゼル1700、パルサー/ラルゴ1700ディーゼル用。ただし、形状から言ってホンダのものを進める。

 さあ、皆さんも次の休日には試して見てはいかがでしょうか?湿気を帯び目のつまった古いエアエレメントは捨ててこれで20馬力アップは確実!?

(注:本メモは1989年に作成したものです。この部品は現在、ホームセンターなどでは既に見ません。取り寄せるなど努力が必要です。)

 日野純正(左)とホンダ製(右)の比較

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, 2006.07.16(改訂)、1989(オリジナル))
*****