***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - ホワイトリボン・タイヤのホワイトニングg
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
プロジェクト
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
ニュージーランド製日野コンテッサ、オリジナル・ガルフブルーにリペイント
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
コロンビア - 修復開始!
コロンビア - 修復作業中
コロンビア - 修復完了!
コロンビア - 謎の日野コンテッサ1300
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
オイル・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
ブレーキ&クラッチ・ライン関係
Fun to Drive 日野コンテッサを目指して - GR100 エンジンのリノベーション その1
コンテッサ誕生50周年記念フォグランプカバーの制作
ホワイトリボン・タイヤのホワイトニング
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
悲劇伯爵夫人、そして素顔の伯爵夫人へ - 青セダン物語
日野小型車グローバル・センサス(調査)プロジェクト
**旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
Form, Fit, and Function (F3)
***

***

ホワイトリボン・タイヤのホワイトニング


 ホワイトリポンは、古今東西問わず、やはり白い白がよい。コンテツ現役当時は、汚れたホワイトリボン・タイヤは当然あったものの極端に黄ばんだものはなかったように記憶する。最近、イベントでよく黄ばんだホワイトリボンをみるが、おそらくそれはホワイトリボン・タイヤのケアの知識不足と分析する。その原因は、安易なタイヤ・クリーナの使用である。すなわちケミカルである。ブラックの表面は一見奇麗になるが、肝心のホワイトリボンの部分は黄ばみを発生させる。ホワイトリボン・タイヤには、現代のケミカルのクリーナ (よくあるスプレー式のタイヤ・ブラックなど) を絶対に使ってはならないのである。そもそもコンテツ現役自体は、ケミカル的なタイヤ・ケアは無かったのである。

 ここで言うホワイトニングはケミカルによる黄ばみではなく、主に経年変化による黄ばみを奇麗にする方法である。米国を始め日本でもクラシックカー専門のホワイトリボン・タイヤ専用のクリーナがあり、それはそれでよいが、庶民にとっては決して安くない。ここで紹介するのは、リーズナブルな価格でホワイトニングをしようというものである。

 まず、下記の写真をご覧いただきたい。右のタイヤは経年変化 (新品であるが長期倉庫保管) 、左のものは、これから紹介する方法でホワイトニングしたものである。

 それは何のマジックもない。巷の100円ショップで、クレンザー系の洗剤を購入するだけである。ついでに、亀の子たわしと細手のたわしを購入しておこう。全部で,315円の投資である。

 そして、ホワイトリボンの部分は細手のたわしでクレンザーでこするように黄ばみをとりのぞくべく根気よく洗浄、ブラックの部分は亀の子だわしで大胆にと言う訳である。

 結果は、このようにかなり奇麗なホワイトリボン・タイヤに仕上がる。実はこのクレンザーとたわしを使う方法は米国のディスカッション・ルームで常套手段として議論されている。高価なホワイトリボン・タイヤ専用に販売されているものを使わずとも、「クレンザーと使え」と書かれている。実は、市販のホワイトリボン専用のクリーナの成分はクレンザーのようである。

 そして、イベントへと。今でもこのタイヤ、どこで入手したのかとよく質問される。

 これは、2009年のJCCAのニューイヤー・ミーティングに持ち込む前日に旧い当時の5.60-13を30年ぶりに上記の方法で奇麗にしたものである。このタイヤはひび割れ状態なので、コンクールにエントリーするという目的は達成したので、当然、その後、廃却処分。

 以下は、当時の高速有鉛誌のJCCAの特集、「旧車新年会にてタイヤっぷりに注目」に掲載されたもの。同じような時代のタイヤだがその違いは明らか、おそらくルノーとベレットは現代のケミカルを使ってしまったのかも知れない。 因みに三車は、その際の日野車、いすゞ車のコンクール・デレガンスのクラス・ウイナーである。

 このクレンザーによる洗浄は一般のブラック・タイヤにも効果ある。

 このように自然なブラックになる。しかもその後、ワックスを含んだウエスで拭けば、この状態が長期に保たれることが判った。要は、近代的なシリコンなどを含んだタイヤ・クリーナは、実に短期な効果で、結果的にプレスボー的な効果だけなのかも知れない。

*
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

((SE, Original 2012.2.25)
(Done, 2013.1.12)

*****