***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
プロジェクト
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
The White Contessa (E)
The Renovation (刷新!)
ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
ニュージーランド製日野コンテッサ、オリジナル・ガルフブルーにリペイント
オランダに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(近々)
伯爵婦人、帰郷へ挑戦!(スリランカより)- 「もったいない」の原点
コロンビア - 修復開始!
コロンビア - 修復作業中
コロンビア - 修復完了!
コロンビア - 謎の日野コンテッサ1300
マスターシリンダーのカップの厚さについて
ブレーキホース(制作)について
パソコン利用によりガスケットの簡単製作方法
エア・エレメントの新造!
オイル・エレメントの新造!
クラッチ・ホースの課題について
クラッチ・コントロール・シリンダーのホース製作
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (1)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー (2)
フロント・ドラムブレーキのホイールシリンダー(3)
ブレーキ&クラッチ・ライン関係
Fun to Drive 日野コンテッサを目指して - GR100 エンジンのリノベーション その1
コンテッサ誕生50周年記念フォグランプカバーの制作
ホワイトリボン・タイヤのホワイトニング
旧車部品は「フォーム・フィット・ファンクション」で行け!
悲劇伯爵夫人、そして素顔の伯爵夫人へ - 青セダン物語
日野小型車グローバル・センサス(調査)プロジェクト
*****

ニュージーランドに於ける日野コンテッサ・プロジェクト(2011年9月)

ニュージーランド製日野コンテッサ、オリジナル・ガルフブルーにリペイント

 ニュジーランドのキースさんのニューッジーランド製のコンテッサ1300 (1967年型) の近況です。

 氏は当サイト・オーナーより先輩の年齢ですが、コンテッサに対するエネルギーは尽きることなく、最近では、ニューッジーランド・ノックダウン (当時の政府の規制よる現地部品使用) オリジナルの「ガルフカラー (ニュージランド・カラーコード:47-2567」に自身のペイント作業で戻しました。

 日本製日野コンテッサのネイビーブルー (日野カラーコード:E143) とはやはり大きく異なることが解ります。大分、以前に塗装したツートーンのブルーについて、「これは純正とブルーと違う」と言われていたことを思い出すものです。

 ニュージーランドでの地元の企業によるコンテッサ1300の生産のデータ情報は今でも正確にが残っており、塗装色についても正確なデータを採れると共に当時のペインターも生存しております。日本の様に大量生産をする自動車産業を持ってなかったものの、欧州文化を基にした歴史をちゃんと尊ぶというもので、日本の日野自動車の小型乗用車の結末&歴史に比べれば、その文化は誠にうらやましい、また学ぶべきものと考えます。

 今回はホイールキャップの換えたりとか、ホワイトリボンにしたりと、キースさんの日野コンテッサ1300への大いなるこだわりに敬服をしました。また、「自分のクルマは自分で作れ!」の精神についても大いにエネルギーをいただい次第です。

KEITH, THANKS FOR YOUR GREAT ENERGY!

以下が参考までに以前の塗装。太陽光線の関係か、こちらの方が明るく見える。
いずれにせよ、今回のニュージランド純正色のガルフブルーとは明らかに違う。

【当サイトオーナー・コメント】

 ニュジーランドでのノックダウン生産の販売は、1966年8月21日にオークランド市内のキャンベルモータースでの発表会をもって開始されました。セダンのみの生産でありましたが、現存する多くの日野コンテッサは1967年製です。日本ではすでに生産中止が事実となっていたということです。日野はおそらく1968年にはニュージーランでのコンテッサを断念しましたが、キャンベルモータースは日野の当時の担当役員の計らいで、コンテッサのビジネスはトヨタのカローラに転換しました。ニュージーランドでは、今もって、コンテッサの現地での生産&販売にエネルギーを割いた内田 一郎 氏については尊敬を持って語り継がれていることをここに記しておきます。

 

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(Original 2011.10.10)
(修正 2011.11.26)

*****