***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - 「サムライ・クーぺ」新春第一戦を飾る-
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
モータースポーツ
(今日版へ)
*****
当時のレース結果(日本)
第2回日本GP FJクラス
第2回日本GP GT-Iクラス
第2回日本GP T-IIIクラス
全日本自動車クラブ選手権レース大会 CCC '65、シリーズ-I GT-I クラス
***
当時のレース結果(米国)
当時のレーストラック(日本)
当時のレーストラック(米国)
*****
レーストラックでのプログラム(日本)
"65" 船橋サーキット スピード・フェシティバル(1965.8.7-15)
JAF公認 第一回 日刊スポーツジュニアチャンピオン 自動車大会(1966.6.25-26)
全日本自動車クラブ選手権レース大会 '65シリーズ-1(1965.7.17-18)
***
レーストラックでのプログラム(米国)
LOS ANGELES TIMES - 14th Annual GRAND PRIX
***
短編:ピート・ブロック物語
***
当時の日野社報から抜粋
積極的に参加:内外の自動車レースへ
第1回日本グランプリ自動車レース
コンテツサ900 全米各地で大活躍
コンテッサ900 カリフォルニア転戦記
ハッピー・バァレー・ドライビングテストに日野コンテッサ1300優勝
日野プロト 緒戦を飾る
コンテッサ1300クーぺ - 驚異の逆転勝
宿敵ミニ・クーパーを打倒
「サムライ・クーぺ」新春第一戦を飾る
第ー回(67年)全日本スポーツカーレース、コンテッサクーぺ クラス優勝
コンテッサl300 フィリピンルソン島1周耐久ラリーで優勝
日野コンテッサ1300クーペ キプロス・スプリングシールドレースで優勝
****
ビデオクリップ
第1回日本グランプリ自動車レース、日野コンテッサ優勝
第2回日本グランプリ自動車レース、 挑戦 - デル・コンテッサ誕生
*****

「サムライ・クーぺ」新春第一戦を飾る


*****


快調にとばすサムライクーペ

 今春初の自動車レースとして注目を集めた全日本自動車クラブ対抗レースは去る1月15日の成人式の日に千葉県の船橋サーキットで行われた。この日は、1周1.8kmのコースを30周する競技で、ツーリングIクラス(1300cc以下〉に出場したボブ・ダンハム選手の乗るコンテッサ1300クーぺは、ブルーバードSS、ミニクーパーS等の追随許さず、見事クラス優勝の快挙をなしとげた。特にこの日、ダンハム選手の乗った優勝車は、昨年カリフォルニア州のリバーサイドで開催されたグランプリで優勝したピーターブロック製のクーぺである。

 なお成績は次の通り。

ツーリングIクラス(1300cc以下)
順位 車名 ドライバー タイム
コンテッサ1300クーぺ ダンハム 31分37秒72
ブルーバードSS 都平 31分41秒72
ミニークーパーS 伊能 32分28秒47
ミニークーパーS 都国 32分30秒89
ホンダS600 若松 32分34秒0
Iクラス出場車 22台
優勝に喜ぶダンハム選手

「コンテッサ速し」 工務部 後藤 博

 去る1月15日、快晴の船檎サーキットにおいて全日本自動車クラブ対抗レース大会が、JAF公認5クラブの共催で開催されたが、実にグランプリレースにつぐ規模と内容を備えた大会でおった。そこへ「チーム・サムライ」を旗印に勇躍日本レース界に乗込んできたボブ・ダンハム氏が、アノリカで歴戦したコンテッサクーペを擁して出場した。レースの出場車は、モーリスミニークーパー3台(米国でも「無敵ミニとして強豪、前日の予選でもダンハム氏は盛んにミニのタイムを気にしていた。)ブルーバードSS4台(一台はファクトリー)その他ホンダS600など計20台合ある。

 11時10分、クーペがポールポジションにつく。轟音とカストロールの臭いを残し各ピットの期待を担って一勢に第一コーナーへなだれ込んで行った。そのあとの一瞬の浄寂が勝負の恐しさを感ずる短い時間である。最初のラップはミニを先頭にクーペなど一団となってグランドスタンド前を通過、二ラップ目、最終コーナーを抜けてスタンド前に飛込んできた最初の車は「チーム・サムライ」のクーペであった。真白なボディーに鮮かな赤のストライプのクーぺは、ダンハム氏のダイナミックなコーナーテクニックに加え、コーナーからの立上りの素晴らしさ、ストレートをフルスロットルで走りぬける驚異的なスビートなどを武器に他車を寄せつけず、無敵ミニとのデッドヒートを期待したが余りにもサムライクーペは速すぎた。残る29ラップをトップで走り続け、リバーサイドに続く連続二度のチェッカーフラッグをうけゴールイン。

 「ラツキー!!」ドライパーが最初にロにした言葉であった。勝った。見事な勝利である。31分37秒72、二位ブルーバードSSに4秒(約120m)差、三、四位にミニが入った。観衆は「コンテッサ速し」の印象を強く受けたろう。表彰式の会場でずっしり重いトロフィーを手にした時、チームの一員としてのそれまでの苦労がす−っとぬけてしまった。やはりレースは勝たねばいかん。そして何度でもあの「ラツキー!!」という言葉を耳にしたいものてある。

(日野社報、昭和42年4月より抜粋)

*****