始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
モータースポーツ
(今日版へ)
*****
当時のレース結果(日本)
第2回日本GP FJクラス
第2回日本GP GT-Iクラス
第2回日本GP T-IIIクラス
全日本自動車クラブ選手権レース大会 CCC '65、シリーズ-I GT-I クラス
***
当時のレース結果(米国)
当時のレーストラック(日本)
当時のレーストラック(米国)
*****
レーストラックでのプログラム(日本)
"65" 船橋サーキット スピード・フェシティバル(1965.8.7-15)
JAF公認 第一回 日刊スポーツジュニアチャンピオン 自動車大会(1966.6.25-26)
全日本自動車クラブ選手権レース大会 '65シリーズ-1(1965.7.17-18)
***
レーストラックでのプログラム(米国)
LOS ANGELES TIMES - 14th Annual GRAND PRIX
***
短編:ピート・ブロック物語
***
当時の日野社報から抜粋
積極的に参加:内外の自動車レースへ
第1回日本グランプリ自動車レース
コンテツサ900 全米各地で大活躍
コンテッサ900 カリフォルニア転戦記
ハッピー・バァレー・ドライビングテストに日野コンテッサ1300優勝
日野プロト 緒戦を飾る
コンテッサ1300クーぺ - 驚異の逆転勝
宿敵ミニ・クーパーを打倒
「サムライ・クーぺ」新春第一戦を飾る
第ー回(67年)全日本スポーツカーレース、コンテッサクーぺ クラス優勝
コンテッサl300 フィリピンルソン島1周耐久ラリーで優勝
日野コンテッサ1300クーペ キプロス・スプリングシールドレースで優勝
****
ビデオクリップ
第1回日本グランプリ自動車レース、日野コンテッサ優勝
第2回日本グランプリ自動車レース、 挑戦 - デル・コンテッサ誕生
*****

短編:ピート・ブロック(Peter Brock)物語


*****

 ピートブロック氏について、知っておられる方は何の説明もいらないが、参考のために書くと、我々コンテッサ愛好者の為に大きな出来事は、サムライプロト(THE HINO SAMURAI)であろう。そう、67年の第4回日本グランプリに日野コンテッサ1300のエンジンを使って参加したクルマである。ボク自信、この興味ある事実を調べたり、また、ピート本人と会ったりして、あまり我々に知られていない物語をボクなりにリポートして見よう。

 今まで、どんなクルマをピートがデザインしたかに触れて見る。ピート自身、ロスのアートスクールを卒業した直後、誰もそうするようにデトロイト,そしてGMに入り、最初(そして最後、GMにおいて)コーベッツのデザインであった。そして、その後、GMを離れ、シェルビーアメリカンに行き、最初にデザインしたのがKing Cobraをベースに開発したLang Cooperである。外観はザット以下のようである。

SPORTS CAR GRAPHICS - April 1965

 そして、その後有名なのはデイトナクーペである。デイトナクーペは、ルマンで活躍したり、その1台は、日本に来て、NACより参加し、同じように暴れまわった様だ。デイトナクーペは、全部で5台作られ、一番出来の悪かった3号車か4号車か知らないが、それが結果的にレースで一番成績が良かったとか。人間の世界のようである。そして、日本にあったデイトナクーペは、その後、いろいろのオーナーを転々とし、アメリカ人に買い戻され、つい最近、レストアが完了した。何と$70万(1億7500万円)で買う人がいたようで、クラシックカーの価格のレコードを作ったとのことである。ピート曰く、今は、ピートブロックと長つけば、高く売れるので投資によいという始末。デイトナクーペと前後して作ったクルマが、Gia-de Tomasoである。これはわれわれの取っ手興味深い。外観は以下のようである。

ROAD & TRACK - March 1966

 上図で解るように、この時点でサムライの原形は出来ていたのだ。オープンであることを除けば殆ど、全くそっくりで、リアのエヤフォイルは、サムライ同様、リモートコントロルである。このクルマは、イタリアで作られ、1台だけで終わった。その後、残りのシャシーが、デトマソマングタになったそうである。この実車自体は、個人的なレースに使用され、クラッシュしてしまい、今は″土″の中に入ってしまったとか。二度と目にすることの出来ないクルマであろう。

 そして、ピートは、シェルビーで最後のデザインをする。それは、スーパーコブラ(Super COBRA)である。製作はイギリスで行われた。そのころ、シェルビーは、コブラより、GT40のプロジェクトにかかり、結局、スーパーコブラは未完のまま、終った。その後、長い間、ひっそりと息をひそめていたが、70年代の終り、ある愛好家の手により、何と完成したのだ。もちろん、レストア、いや、プロダクション(?)に、ピートは多くの助言を与えたとのことである。デザイン自体は、デイトナコブラの延長線であり、以下のようである。

SUPERAUTO ILLUSTRATED - Sept. 1986

 オリジナルのデイトナより、さらにグラマラスになり、コックピットの天井はウインドウになっている。なぜだろう?

 その後、ピートは独立し、ブロックエンタープライズ(所謂、BRE)を設立し、日野自動車とジョインする。66年当時、最初はコンテッサ900によりレースを行っている。ヒルクライムなどを含め、マアマア、かなりの戦歴を残している。ピート自身、1300よりも900のほうが気に入っているようである。900には、大きな日の丸が描かれている。ホンダF1同様、ナショナルカラーを使っていたのだ。

 1300は1966年のLAタイムズグランプリの前座レース「Valovoline Centennial Sedan Race」でクラスウイナーを得ている。このコンテッサのレース活動とともに日野と共同で進めていたのが、前述のサムライプロトである。当初は、66年のモーターショウに出展する予定であったとのことである。このクルマはあまりにも有名であるのでそのスタイルは知らぬ人はいないだろうが、以下のような角度が最も美しいのではないだろうか?

style auto - #14 (3/67)

 日本グランプリは結果的に出場不可となったが、その後、カリフォルニアに戻り、しばらく活動してなかったが、71年に何と、さる愛好家の手により、LAタイムズグランプリに出場している。その時点では、オリジナルのオレンジではなく、白のアメリカンカラーになったようである。このころは、後述の様にピートはBREと改め、アメリカダッツァンとレース活動を行っている。

 そしてサムライは日本に来た時のように市販の日野コンテッサのOHVではなく(OHVは日本に残留)、コンセプトとしてのオリジナルの競技用DOHCになっていた。それは実に3番目のオーナーが試行錯誤の結果施した。そのオーナーは南東部に移り、レース活動を続けた。今でもエンジンは、すぐに動く状態にある。さて、ピートはサムライ製作後、立て続けにいろいろなクルマを作っている。その1つは、トライアンフの部品によるTR-250Kである。因みに、ウインドウグラスは、サムライ製作時のスペアパーツである。このクルマは、今、レストアされ、サンフランシスコの愛好家の手の元にある(註:2004年時点では更にオーナーが変わり,ワシントン州へと)。以下の製作当時のものである。

CAR and DRIVER - April 1968

 このクルマは、サムライのようにプロフェッショナルにより作られてなかったようで、中味のシャシーは、パイプのジャングルの様で面白い。初期のバギーカーの様である。そして、この前後と思われるがピートは、何とトヨタのためにクルマを作っている。当初は、ロータリーを入れて、売るためにデザインしたようだが、その後、トヨタニュー7としてデビューするようだった。ピートによればJ−6という名であるが。パワーユニットはトヨタ2000GT,トレバー・ハリスによる足回りは非常にトリッキーな構造だ。以下のオリジナルのコンセプトと思われる。

ROAD & TRACK - SEPTEMBER 1970

http://m.automobilemag.com/

 このクルマは1台だけ作られ、トヨタに納入された。しかし、何故かトヨタは公表してない。何故だろうか?ピートに言わせれば、このクルマこそ最も気に入っているクルマで、出来ればレストアしてみたいそうである。このクルマの型(モールド)は、その後、ある会社に売られた。その会社では、キットカーとしてVWベースで販売しようと試みたが、全く実現せずに至っている。ただ、VWベースで作られた(トヨタに納入したものと全く別物のシャシー、ボデーのデザインは同じ)1台は、ハリウッドの映画に使われ、今は、LAに置き場所もままならずの状態。買い取る人がいたら売るそうである。

 ピートはその後、米国ダッツァンとジョインし活動を行いZカーによる2年連続チャムピォンとなった。Zカーはボブシャープで有名だが、オリジナルはピートブロックである。ピートがZカーをレースにより有名にした後、ボブシャープ側が、浮上しただけである。最初、ピートは、510で様々のキットを販売し、その後、レース活動をした様である。この510のブルは、ピートブロックのレモンイエロー510として有名でモデルカーまでになっている。また、今でも、ヒストリックカーにBREナンバーを掲げて登場してくるようである。また、レーシングカラーは、以下のようである。

ROAD & TRACK - SEPTEMBER 1970
(
BREロゴの日野KMバン(エンジンはシボレーのV8に換装)を背後に
ドライバーのジョン・モートンと伝説のカーナンバー46のBRE-Zカー。
日野KMバンは日野コンテッサ時代からBREのメイントランスポ=ターだった)

 上は、Zカーであるが、ルーフボンネットが赤、サイドの2本のストライプは、オープンフェアレデイで始めた時にデザインされたもので、次の510もまったく同じデザインであった。つまりBREカラーであった。十数年たった今でも、ストリートカーにこのカラーリングで走っているダッツァンを見ることができる。大したものである。

 ピートは、ダッツァンと何らかの問題でカービジネスを去ることになる。その後、ハングライダーの会社を設立し、UPとして有名である。彼の作ったハングライダーはクルマと同様、何年もチャンピォンをとっていることは有名な事実である。そして、さらにモーターグライダーに発展し、今日に至っている。この話も面白いが長くなるので別の機会としたい。

 さて、ピートは、2年ほど前より再びクルマ作りを開始している。来年あたり、フォードより発表される筈。それは、シェルビーのコブラ同様、200台/年程度のスペシャリカーである。現在、クレイモデルその他が作られており、デザイン的には、ホボ完成いに近ずいているようである。形状は、ディトナクーペをさらにリファインして、コーベッツのような最新型をミックスしたようなものであるといえよう。いずれにしろ、″ピートブロック″のデザインであることは、間違いなく強調されている。また、シャシーなどにも最新テクノロジーを採用している。発表されたら若干あるウラ話をリポートしよう。

(江澤 智、千葉県松戸市、2007.10.3(改訂)、1985.1.1(オリジナル))
 2012.1.3(改訂)

*****