始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
モータースポーツ
(今日版へ)
*****
当時のレース結果(日本)
第2回日本GP FJクラス
第2回日本GP GT-Iクラス
第2回日本GP T-IIIクラス
全日本自動車クラブ選手権レース大会 CCC '65、シリーズ-I GT-I クラス
***
当時のレース結果(米国)
当時のレーストラック(日本)
当時のレーストラック(米国)
*****
レーストラックでのプログラム(日本)
"65" 船橋サーキット スピード・フェシティバル(1965.8.7-15)
JAF公認 第一回 日刊スポーツジュニアチャンピオン 自動車大会(1966.6.25-26)
全日本自動車クラブ選手権レース大会 '65シリーズ-1(1965.7.17-18)
***
レーストラックでのプログラム(米国)
LOS ANGELES TIMES - 14th Annual GRAND PRIX
***
短編:ピート・ブロック物語
***
当時の日野社報から抜粋
積極的に参加:内外の自動車レースへ
第1回日本グランプリ自動車レース
コンテツサ900 全米各地で大活躍
コンテッサ900 カリフォルニア転戦記
ハッピー・バァレー・ドライビングテストに日野コンテッサ1300優勝
日野プロト 緒戦を飾る
コンテッサ1300クーぺ - 驚異の逆転勝
宿敵ミニ・クーパーを打倒
「サムライ・クーぺ」新春第一戦を飾る
第ー回(67年)全日本スポーツカーレース、コンテッサクーぺ クラス優勝
コンテッサl300 フィリピンルソン島1周耐久ラリーで優勝
日野コンテッサ1300クーペ キプロス・スプリングシールドレースで優勝
****
ビデオクリップ
第1回日本グランプリ自動車レース、日野コンテッサ優勝
第2回日本グランプリ自動車レース、 挑戦 - デル・コンテッサ誕生
*****
全日本自動車クラブ選手権レース大会
CCC '65シリーズ-I GT-I クラス
*****
日野コンテッサに関するデータ(グランド・ツーリング・カーI、400〜1300cc)
車番 ドライバー
車両
決勝結果
クラブ
車名 排気量 順位 タイム 周回数
15
福島 慶忠 日野コンテッサ 1,251 --- --- --- QCCJ
16
富田 一三 日野コンテッサ 1,251 --- --- --- QCCJ
24
杉山 元 日野コンテッサGT 983 --- --- --- NARC
25
井浪 博文 日野コンテッサGT 983 --- --- --- NARC
34
山西 喜三夫 日野コンテッサ 1,251 17 37'11"38 19 NAC
35
保利 昇 日野コンテッサ 982 --- --- --- NAC
36 塩沢 勝臣 日野コンテッサ 1,251 20 --- 11 NAC
37 桜井 祥智 日野コンテッサ 983 --- --- --- NAC
  • 決勝結果データはCARグラフィック(1965.9)CCC船橋レースを参照
  • QCCJ:日本4CVクラブ
  • NARC:日本自動車競走倶楽部
  • NAC:日本オートクラブ
  • 当日のプログラム
*****
一般データ
  • 開催日時:1965年7月18日、スタート午後3時30分
  • 場所:千葉県船橋市、船橋サーキット
  • 30周、72km
  • 優勝:浮谷 東次郎(トヨタ・スポーツ800) タイム 50'30"79(30ラップ)
  • 最高ラップタイム:浮谷 東次郎、1'35"89
***
各車の勇姿
  • 山西車
  • 保利車
  • 塩沢車
  • アバルト(立原義次)を追うコンテッサ(山西車)
  • 伝説の驚異的追上げの浮谷東次郎を横目にやる山西選手
  • 山西選手のコーナリング(そして25年後