***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

コンテッサ1300の誕生
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
歴史
*****
コンテッサ1300に至る日野の系譜
コンテッサ1300小史(関連イベント含め)

新・日野の夢、コンテッサに託して
1. 社運を賭けたコンテッサ1300
1.1 東京オリンピックの年にデビュー
1.2 大量に売れた麦藁帽子
1.3 発表会:トリノ発 明日のクルマ
1.4 自由化を前にした東京モーターショー
2. 伯爵夫人誕生へ
2.1 原点、星子イズム
2.2 なぜルノー4CVを選択したか
2.3 完全国産化への技術取得
2.4 ルノーとの決別:コンテッサ900
2.5 フクロウ部隊の出現
3. ミケロッティとの出会い
3.1 トリノのバーにて
3.2 コンテッサ1300企画
3.3 ミケロッティの贈り物:900スプリント
3.4消えた市販計画
4. コンテッサ1300の誕生
4.1 高品質RR用エンジンの開発
4.2 ミケロッティとのホットな議論
4.3 コンテッサ1300の完成に向けて
5. 伯爵夫人の挑戦
5.1 第一回日本グランプリ制覇
5.2 挑戦、ワークス体制を組む
5.3 新GTプロトと新エンジン
5.4 富士の緒戦を飾る
5.4 富士の緒戦を飾る
6. サムライになったヤンキー
6.1 消えた驚異の逆転優勝
6.2 レースはクルマを売る!
6.3 ピート・ブロック・プロジェクト
6.4 勝利! L.A.タイムズグランプリ
7. サムライの切り取られた歴史
7.1 「ピートの夢」実行作戦
7.2 シークレット・プロジェクト
7.3 第4回日本グランプリに向けて
7.4 悲劇の序奏
8. 終結:悲劇の伯爵婦人
8.1 BC戦争と乗用車輸入自由化の狭間
8.2 エレガンス・コンクール
8.3 意欲的だった次期モデル計画
8.4 決断のとき
検証&総括

日野サムライの車検失格について

新・日野の夢、コンテッサに託して
(改編中:2004.07.23)
4. コンテッサ1300の誕生
4.1 高品質RR用エンジンの開発 4.3 コンテッサ1300の完成に向けて
4.2 ミケロッティとのホットな議論
*****

4. コンテッサ1300の誕生


 コンテッサ1300は1964年(昭和39年9月)発表・発売となったが、1961年(昭和36年)5月、日野自動車工業(株)はコンテッサ1300に関する基本設計を決定し、その8月にはボディ設計を依頼したミケロッティ宛に大まかな要望書を送っていた。その頃、すでに次期エンジンの開発が始まっていた。それはコンテッサ900に比べて水冷リヤ・エンジン方式としては大きなエンジンのため、冷却という熱の問題に対する技術陣の熱い戦いでもあった。

コンテッサ1300販売開始後、ルノーの本拠地でのパリーショー出展を前にして、エッフェル塔と共にプレス向けの資料。ミケロッティとの出会いはムッシュ・エッフェルの紹介だった。そして、ルノーの技術をベースに熟成させたコンテッサ1300だった。この一枚の絵の中にはそんな歴史の背景と恩師への尊敬の念を感ずる。

(SE)

*****