***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ1300小史(関連イベント含め)
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
歴史
*****
コンテッサ1300に至る日野の系譜
コンテッサ1300小史(関連イベント含め)

新・日野の夢、コンテッサに託して
1. 社運を賭けたコンテッサ1300
1.1 東京オリンピックの年にデビュー
1.2 大量に売れた麦藁帽子
1.3 発表会:トリノ発 明日のクルマ
1.4 自由化を前にした東京モーターショー
2. 伯爵夫人誕生へ
2.1 原点、星子イズム
2.2 なぜルノー4CVを選択したか
2.3 完全国産化への技術取得
2.4 ルノーとの決別:コンテッサ900
2.5 フクロウ部隊の出現
3. ミケロッティとの出会い
3.1 トリノのバーにて
3.2 コンテッサ1300企画
3.3 ミケロッティの贈り物:900スプリント
3.4消えた市販計画
4. コンテッサ1300の誕生
4.1 高品質RR用エンジンの開発
4.2 ミケロッティとのホットな議論
4.3 コンテッサ1300の完成に向けて
5. 伯爵夫人の挑戦
5.1 第一回日本グランプリ制覇
5.2 挑戦、ワークス体制を組む
5.3 新GTプロトと新エンジン
5.4 富士の緒戦を飾る
5.4 富士の緒戦を飾る
6. サムライになったヤンキー
6.1 消えた驚異の逆転優勝
6.2 レースはクルマを売る!
6.3 ピート・ブロック・プロジェクト
6.4 勝利! L.A.タイムズグランプリ
7. サムライの切り取られた歴史
7.1 「ピートの夢」実行作戦
7.2 シークレット・プロジェクト
7.3 第4回日本グランプリに向けて
7.4 悲劇の序奏
8. 終結:悲劇の伯爵婦人
8.1 BC戦争と乗用車輸入自由化の狭間
8.2 エレガンス・コンクール
8.3 意欲的だった次期モデル計画
8.4 決断のとき
検証&総括

日野サムライの車検失格について

日野コンテッサ1300小史(関連イベント含め)
(続きへ)


 日野コンテッサ1300の歴史を語るには、その前身となる日野コンテッサ900の開発とその周辺の状況から理解することが望まれる。以下は、別添の「日野の夢-コンテッサに託して」の取材に際して、日野自動車の関係者の歴史の証言をいただくためのデータとしてリストにまとめたものである。内容自体はその当時から一部修正を行っており、現在も進行中である。尚、そのソースは当時の一般的なメディア(新聞&雑誌)並びに日野自動車資料(社歴&社報)を含む。

Date Poject Event More

1956初め コンテッサ900 コンテッサ900具体的検討開始 No
1956末 コンテッサ900 コンテッサ900粘土模型より候補選出 No
1957 日野コンマース 日野コンマース、企画・設計に着手 No
1957.7 コンテッサ900 コンテッサ900手板金の実体模型完成 No
1958.1 コンテッサ900 コンテッサ900試作1号車完成 No
1959.10.1 一般 日野ルノー車同好発足、会員400人、ルノー9台揃う。 No
1959末 一般 日野ルノー値下げ断行、オートショーにて万能商業車「コンマース」発表 No
1960.1 コンテッサ900 試験開始2年後、社外テストに出る。 No
1960.2.2 一般 ルノー技術援助契約の延長認可される:かねて日本政府に対し申請していたルノーと日野との技術援助契約の延長が2月2日附けで決定した。これで現在の契約の終了する昭和31年3月31日よりさらに向こう2カ年「ルノー」の生産が可能になった訳である。前回の契約との相違点は次のようである。技術援助の対価(ロイヤリティ)が従来より4割安くなった。補給部品のロイヤリティが免除された。従って今回の契約は日野にとって非常に有利となった。 No
1960.2 一般 小型エンジン工場完成 No
1960.2 日野コンマース 日野コンマース、発売開始 No
1960.2中旬 一般 三井精機“ハンビー”280台、タイに輸出契約 No
1960.4.3 一般 走る看板ガーリックカー:日野ルノーをただで差し上げますと、発表して、多くのモーターファンから、三万通の申し込を受けたSB食品の走る看板、ガーリックカー百台の引き渡し式が、4月3日、東京日野自動車杉並営業所で行われた。 No
1960.5.16 一般 日野ルノー値下げ断行、スタンダード、57万5千円から52万5千円、デラックス、62万4千円から57万5千円(東京地区) No
1960.7.8〜17 日野ルノー 東京日本橋、高島屋の「台所から生まれる生活展」のポニー・ハウスに日野ルノー展示 No
1960.7.14〜8.20 日野コンマース 第九回江戸趣味納涼大会(上野忍ばずの池)の「新しい生活コーナー展」に日野コンマース展示 No
1960.7.27 一般 ルノー、日本モータリストクラブが正丸峠往復試験 No
1960.8 一般 ハンビー、300台、ビルマへ No
1960夏 コンテッサ1300 コンテッサ900設計完了後、イタリアに人を出し、カロッツェリアを全部当たる。そしてミケロッティにコンテッサ1300のデザイン依頼交渉開始する。 No
1960.10.21 一般 東京日野自動車、16大学にルノーを贈呈(早稲田、慶応、一ツ橋、東京、専修、日本、中央、成城、成けい、亜細亜、法政、明治、立教、東京工、青山学院、拓殖の各校) No
1960.10.24〜 一般 第7回全日本自動車ショー(東京晴海の貿易センター),日野コンマース(キャンパー含む)、ルノー4CV展示 No
1960.11.1 日野コンマース 駐日米大使ダクラス・マッカーサ二世、日野コンマースのキャンパーを賞賛 No
1961春 コンテッサ1300 ミケロッティよりコンテッサ1300のデザインの契約の内諾を得る。 No
1961.2.26 コンテッサ900 社員の社内見学会 No
1961.2.27 コンテッサ900 新聞発表(午前&午後の二度、経団連記者クラブ16社、業界新聞50社を工場に招く) No
1961.3.1-2 コンテッサ900 品川プリンスで新車発表会 No
1961.3.11-12 一般 ビルマ、ラングーン市のアーミーガリソンシアターで日野モーターショー開催(コンマース病院車を展示、その後、赤十字社に寄贈)。 No
1961.3 一般 日野コンマース、タイに180台、ビルマに100台、香港に60台、インドネシアに30台に輸出 No
1961.4.1 コンテッサ900 コンテッサ900並びにブリスカ発売開始 No
1961.4 コンテッサ1300 コンテッサ1300のデザインをミケロッティに依頼 No
1961.4.17〜5.7 一般 第4回東京国際見本市(東京晴海)にコンマース、コンテッサ、ブリスカを展示 No
1961.5.4 一般 定例取締役会に於いて、広瀬会長は取締役から相談役、大久保社長は代表取締役のまま取締役会長、松方副社長は代表取締役ならびに取締役社長、取締役副社長に菅波販売会社社長が現職のまま就任へと。 No
1961.5 コンテッサ1300 基本方針決定、設計に着手 No
1961.8 コンテッサ1300 配置計画図をミケロッティに送付 No
1961.10.24-11.7 一般 第8回全日本モーターショー、東京晴海埠頭の貿易センターで開催。コンテッサ、ブリスカ、ルノー、日野コンマースなど20台出展(大型車含む) No
1961.11 コンテッサ1300 ミケロッティよりスケッチ数種受領、幹部会議での採択 No
1961.11 一般 中南部インド学術調査隊:神秘の謎をさぐる15,000km後援に日野コンマース2台と社員2名が参加する。 No
1961.11.30 一般 36回定時株主総会及び取締役に於いて、販売会社専務取締役の内田一郎氏が常務取締役(輸出担当)に新任 No
1961.12 コンテッサ1300 最終打ち合わせの為、岩崎部長及び自販幹部がトリノへ No
1961.12 コンテッサ1300 ミケロッティより実寸図受領 No
1961はじめ 日野コンマース インドネシア海軍にコンマース40台納入 No
1962.2 日野ブリスカ ブリスカにライトバン、ピックアップ、そしてパネルバんの新機種を追加 No
1962.2-5 コンテッサ1300 ボデー担当者、ホワイト・ボデー製作の為、トリノに滞在 No
1962.2.23-3.2 コンテッサ900 コンテッサ900、バンコクのジャパン・モーター・ショーに出展 No
1962.3 コンテッサ1300 コンテッサ900の改造で予備的基礎実験開始 No
1962.3.9 コンテッサ900 コンテッサ900、沖縄展示のため、横浜港より船積 No
1962.3.28 コンテッサ900 コンテッサ900、各国展示のため、横浜港より船積 No
1962.4.14-17 一般 沖縄の首府那覇市で日野の新車展示会開催。コンテッサ900左ハンドル7台、コンマース2台、ブリスカ1台を展示。なお展示車は現地にて完売。 No
1962.5なかば 一般 マレー、シンガポール地区へのコンテッサ・キャンペーン開始、サンプルカー、2台を出荷 No
1962.5.19 一般 日本におけるルノー4CVの国産化の継続に関する契約(生産の2カ年無償延長)、補給部品の国産化の契約(無期限製造権の買い取り) No
1962.6 コンテッサ1300 コンテッサ900スプリント、ミケロッティ氏製作開始 No
1962.6(?) 一般 広告指定文字、コンテッサ、ブリスカ、ルノーについて製品名に「日野」を付け、企業イメージとして「日野」と製品名のデザインにする。 No
1962.6(?) コンテッサ900 香港に累計30台のコンテッサを出荷 No
1962.6(?) コンテッサ900 東パキスタン、ダッカ代理店、日本総領事にコンテッサ販売 No
1962.6(?) コンテッサ900 アラビア、クエート向けにコンテッサ10台を出荷 No
1962.6.15 一般 小型車ラインの本工場からの分離完了。羽村工場への移行体勢完備する。 No
1962.6.26 日野ブリスカ 大阪市難波の南海電気鉄道へのバス納入200台突破記念に2台のブリスカを贈呈 No
1962夏 コンテッサ900 タイ、サリット首相にコンテッサを贈呈。9月迄に販売計画、累計120台 No
1962夏 コンテッサ900 東南アジア地区、コンテッサ販売推進のためにタイ、バンコクのテレビ(アーミィ:陸軍のチャネル)に2ヶ月スポット放送 No
1962夏 コンテッサ900 コンテッサ900、100台を輸出成約(タイ国三井物産経由でビクトリー・オート社) No
1962.7 コンテッサ900 カンボジア(旧フランス植民地)へコンテッサをサンプル輸出。年内に60台の出荷が確実に。ルノー市場独占に切り込む。 No
1962.9 一般 総セールスマン:従業員(五千人)およびその家族を対象とした販売奨励制度発足 No
1962.9.20 コンテッサ900 コンテッサ900、1,000台をCKDで輸出調印。フィリピン、オートセールス社(販売代理店)&コンソリデーテッド・アッセンブリー社(組立会社)。 No
1962.10 コンテッサ1300 コンテッサ900スプリント製作完了 No
1962.10 コンテッサ1300 第1号試作エンジン完成、本格的実験の開始 No
1962.10.31-11.8 コンテッサ1300 コンテッサ900スプリント、トリノ・オートーショーに出展 No
1962.10.25 一般 第9回全日本自動車ショー No
1962.11 コンテッサ1300 技術幹部、ボディ・リファインの為、再度トリノに飛ぶ No
1962.11 コンテッサ1300 ボディ構造設計完了 No
1962.12 コンテッサ1300 コンテッサ1300デザインに関するミケロッティとの正式契約 No
1962.12.1 日野ブリスカ 新型FG30ブリスカ発売開始(旧はFG10)。キャブが2バレルに。 No
1962秋 コンテッサ900 コンテッサ900、カンボジアに7月のサンプル出荷の結果として、60台の出荷確定。 No
1963.1 コンテッサ1300 日野コンテッサ900スプリント 10月から生産!日野自動車がイタリアのデザイナー、ジョバンニ・ミケロッティ氏と契約し、日野からエンジン、ミッション、足まわりなどを輸出して、イタリアでボディプレスと組立を行う新形式で”日野コンテッサ900スプリント”というスポーツカーを生産することになった。本格的生産は10月からで第1期5000台を予定している。EC諸国およびアメリカ市場に輸出されるもようである。 No
1963.2 コンテッサ900 タイ、バンコック・モーターショーにコンテッサ900をサンプル展示 No
1963.2 一般 タイに組み立て工場,ビクトリーオート社とJV、乗用車100台/月、大型トラック30台/月予定 No
1963.2.9-25 コンテッサ900 コンテッサ900、マニラ・モーターショーに出品(一日目に6台の販売契約) No
1963.3.14 コンテッサ900 コンテッサ900スプリント、ジュネーブ・オートショーに出品 No
1963.4.11 コンテッサ900 イースト・アフリカン・サファリにコンテッサ900出場(個人) No
1963.4.14 コンテッサ1300 コンテッサ900スプリント、ニューヨーク・オートーショーに出品 No
1963.5.3 一般 第1回日本グランプリ自動車レース No
1963夏 コンテッサ1300 量産設計完了 No
1963.8.28 一般 ブリスカ大量輸出、南アフリカ共和国、ヴァンルー・モータース社との間に、FGのCKD輸出の契約締結。8/28より毎月100台出荷 No
1963.8 コンテッサ900 広島タクシーにコンテッサ900、187台納車 No
1963.10.25-11.10 一般 第10回東京モーターショー、ミケロッティデザインのヒノ・コンテッサ900スプリント公開 No
1963.11 一般 日野自工、トヨタとの合併問題を否定 No
1964.1 コンテッサ1300 最終仕様による試作車完成 No
1964春 コンテッサ1300 量産試作(数十台) No
1964.3.26-30 コンテッサ900 イースト・アフリカン・サファリにコンテッサ900S4台出場 No
1964.6-8 コンテッサ1300 オーストラリアでの16,000km連続走行試験開始 No
1964.7 コンテッサ1300 コンベア上での本格的生産開始 No
1964.8.31 コンテッサ1300 東京高輪プリンスホテルにてコンテッサ1300及び同クーペ発表会。ジョバンニ・ミケロッティも同席 No
(SE)