***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント -イベント - トリノオートショー開幕1962年10月31日), 50年前,日野コンテッサ 900 スプリント デビュー,50 Years Ago - Hino Contessa 900 Sprint at Torino Auto Show
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - トリノオートショー開幕 (1962年10月31日)

50年前,日野コンテッサ 900 スプリント デビュー

50 Years Ago - Hino Contessa 900 Sprint at Torino Auto Show


 今から50年前の1962年10月31日に,イタリア・トリノで第44回 Salone Internazionale Dell' Automobile (トリノ国際自動車ショー、所謂、トリノショー) が幕を開けました。ここで日野自動車のコンテッサ900をベースにした日野コンテッサ900スプリントをデザイン&製作のジョバンニ・ミケッロティ氏のSTUDIO Michelotti社と日野自動車が展示をしました。

 以下は、その際の公式カタログの表紙となります:

 会場の全景は以下の様、第二バピリオンの日野のブースは、当時の欧州市場の乗用車メーカーやサプライヤー、フィアット、アルファロメオ、ランチャ、ルノーなどの名だたる中に小さいながらもありました:

 たった一台の日野コンテッサ900スプリントの展示ではあったものの、将来の日野自動車の日本発の乗用車輸出の存在感を示すには充分なインパクトある上品な展示方法と感じるものです。

 そして、この日野コンテッサ900スプリントの前には、以下のように日本の日の丸とイタリアの国旗 (有名なトリコローレ) に囲まれて「Hino - Contessa 900 Sprint」と、そして重要な文言、「Creazione STUDIO G. Michelotti (ミケロッティ社が創造) 」がありました。その下は簡単な性能や仕様がNARDIの名とともにありました。

 以下は、左前から撮影されたものです。多くの来場者がこの角度から美しい日野コンテッサ900スプリントをじっくりと眺めたと推測します。

 ここには当時の日野コンテッサを語る上で貴重な人物が収められております。日野コンテッサ900スプリントの傍らに立つ方は、当時の日野のコンテッサ開発の総本山、第二研究部長であられた岩崎 三郎さんです (日野自動車では、後に専務取締役 (開発・品質部門統括)、日野車体工業社長) 。氏はこのトリノショーの期間、およそ10日間、日野の最重要使命をもって、単身、ミケロッティ社に出張されたとのことです。それは、この1962年10月末から遡って、8月にミケロッティ社から受け取ったコンテッサ1300のプロトタイプに対する日野の評価をもって最終デザインへの変更の交渉をすることでした。プロトは欧州的な文句の言えないすばらしいものだったが、日本市場にはあまりにも簡素すぎると日野内部や販売側の評価となり、リアのエアグリル含めてデラックス化への改良案だったと氏は語っておりました。結果的に、全面的に日野の要望を入れ、改良することに合意されたとのことです。

 以上、半世紀前の1962年10月末の日野コンテッサに関わる出来事です。

参考文献:

  • 1995年度 自動車技術の歴史に関する調査研究報告書、インタビュー調査:リアエンジン乗用車、コンテッサの開発、岩崎 三郎 氏、1995年月 自動車技術史委員会、社団法人 自動車技術会

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2012.10.23)
(Added, 2012.10.28)

*****