***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - イベント - MISC.(2012年3月10日) Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - MISC.(2012年4月14日)

日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ


 日野コンテッサの日本の「聖地」はもちろん、日野市の日野台の日野自動車の地であります。しかし、完全な商用トラックメーカーとなってしまった日野自動車ですが、粋な計らいな地があります。それは八王子市郊外の日野オートプラザです。今日の本業の大型商用車の歴史に加えて、世界の小型乗用車市場にいち早く果敢に挑戦した日野自動車の一連の歴史について、ルーツのルノー日野 4CV、その発展形のコンテッサ900、そして満を持して市場に投入したコンテッサ1300に関する貴重な展示物など少なくありません。

 そんな場所に、新たな展示コーナーが2012年4月16日 (月) に加わりました。それは特定非営利活動法人 日本自動車殿堂 (JAHFA - Japan Automotive Hall of Fame) 、殿堂者 (殿堂入り) に、2010年に戦前の日野重工業の星子 勇 氏、さらに2011年に日野コンテッサ1300開発当時にGR100の設計を担った鈴木 孝 氏がJAHFAの殿堂入りとなった栄誉を契機に、日野オートプラザの中に両氏のコーナーが新設されました(日野ヒューテックを参照)。

 4月16日のオープンを前に、4月14日 (土) 、関係・関連諸氏を交えて、お披露目の会 (内輪のようでありますがそう言ってよいでしょう) がありました。僭越ながら、アレンジをいただきその場所に同席させていただきました。今となっては、一世紀前の瓦斯電以来の長い歴史の中の流れ星のような日野コンテッサの歴史でありますが、鈴木博士ご自身の当時の貴重なコレクションを始め、星子 勇 氏のご家族のご好意で貴重な資料が一堂に集められ、解り易い形で整理・展示となりました。その知られざる偉業を尊敬の念を持って勉強出来る、あるいはエンスーにとっては、薫陶を得られる場所が出来ました。今後、多くの方がこの場所を訪問されることを期待するものです。


星子 勇 氏のコーナー


ご自身のコーナーを前に謝辞を述べられる鈴木博士


そこにはJAHFAの殿堂入りの楯と共に我がサムライ・コンテッサのスケールモデルも
鎮座していた。これ以上のおもてなしはないという誠にありがたきご好意である。
尚、この手前には当時のレーシング・エンジンのパーツも展示されている。必見である。

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2012.5.25)

*****