***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - イベント - 旅ついでに(2011年4月2日)伝統を貫く:それにつつましく
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - 参加(2011年7月10日)

埼玉自動車大学校「オートジャンボリー2011」:ミケロッティ同士 (続)


 隣県にある埼玉自動車大学校の「オートジャンボリー2011」のヒストリッカー展示に参加しました。多くのブログなどに紹介されており,愉快そうなイベントでこれは一度は参加しなければと、勇気を出して参加申し込みをしました。

 猛暑の中ではありましたが、正に若者の学園祭のようなもので、それもアメリカ西海岸にあるような自由本邦の老いも若きもおばかさんなカークレージーの場でありました。埼玉県警の展示パトカーにはカップルやヤングファミリーが乗りたい放題、その隣にはホットロッド・バイクが堂々と展示されていると云った具合です。この雰囲気はクルマ好きにはパラダイスです。埼玉自動車大学校の経営方針には「脱帽」、ここに学ぶ若者は幸せな学園生活を過ごし、技術を学んで世の中に出るんだろうなんで思い浮かべてました。

 猛暑であり、校庭に展示のコンテツも溶けてしまいそうでしたが、人間様は,校舎の中にある冷房の効いたカフェテリアで仲間同士でダベリと相成りました。

 さて、今回は大きな収穫がありました。別なイベンドで顔見知りになった埼玉のエンスーが兼ねてからお聞きしてました「DAF 44」を持ち込みました。オランダのDAD社は60年代、そのボデーデザイン&ワークにコンテッサ1300と同様にイタリアのスチューデォ・ミケロッティ(Studio Michelotti)を使っておりました。

 イベント完了後、オーナーさんにお願いし、例によって、ツーショットを目論みました。DAF 44は、ジョバンニ・ミケッロティがコンテツ後にデザインしたものです。並べてみれば、一連の流れ、あるいはミケロッティ・ラインは見事に理解出来るものです。

 ボクはこのようなことがイベントでの楽しみの一つとなっています。オーナーさんにはお手数をお掛けしました。ここに感謝申し上げます。大黒PAの「サンデーブランチ:ミケロッティ同士」のトライアンフのドロマイト (Dolomite) に続き、歴史の検証が出来た貴重な一日でした。


共にコーダトロンカ!大衆車のDAFは簡素、日野はとにもかくにも豪華にとメッキを配した1
デザイナーは同じであるもののオーナー (DAF社と日野) の戦略の相違を明確に理解できる。
DAF 44のリヤ・ルーフの処理とウインドウの面はドロマイトへの脈略を感じる。


この角度から見るウインドウの処理やボンネットのラインなど明確なミケロッティを感じる!

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2011.8.6)

*****