***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - イベント - まつどクラシックカーフェスティバル(2010年10月2~3日)がんばれ!、超ローカル(地元密着)は素晴らしい!
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - まつどクラシックカーフェスティバル(2010年10月2~3日)

がんばれ!、超ローカル(地元密着)は素晴らしい!


 今年(平成22年)で第37回となる松戸まつりの目玉である「まつどクラシックカーフェスティバル」に参加いたしました。今回もこの超ローカルなイベントを「素顔の伯爵婦人(コンテッサ)」と共に楽しみました。

 以下は今回の雑感です:

 その1:まずは「珍問賞」というべき「愛すべき」質問(!!)をいただきました。「このクルマ走るんですか?ここまでどうやって来ました?」。年代は20歳代後半くらいの若い男性でした。ウッ!、これは凄い!最高の質問!「我が家はここから歩いても10分くらいなので一生懸命押してここまで来ました」と、答えたかったが、正直に「外観や内装はノーマルでも外から見えないシャシーやエンジンは現代の技術と部品で徹底的且つ飛躍的に走行性能を改善させ、当時以上の性能。一日1,000kmのドライブも出来ます」とお答えしました。しかし、まったく無反応でした。おそらく、このクルマ(コンテッサ?)は走らないと言う先入観で固まっているお方だったのでしょう。

 その2:よくぞと思う多くの「秀問」、「コメント」をいただきました。「長距離で15キロ/リッター、それは今乗っているいるエコ減税のトヨタのXXよりイイ!」、「HPを見ています。実物の方が奇麗!」、「このホワイトリボン、最高!」,「すれ違ったことあります(地元の新京成バスのドライバーさん)」、「3点シートベルト付いてた?」、「オリジナル塗装!(ネイビーブルー:E143)それは信じられない、再塗装かと思った」などなどです。そして、「ボデイのラインが奇麗だ。これ何もしてないそのまま(新車のプレスの状態)ですよね」と、この方は鈑金塗装屋などの手が入ってないことをちゃんと見抜いた凄い方でした。どれもこれも努力が報われるありがたいお言葉でした。

 その3:今年もうるさ方さんのご意見、「ミラー、社外品じゃない?」、「車高、上げすぎてない?」、これらは「愚問賞」ものです。おそらくその方は本当のコンテッサを可哀想なことに知ってないと見ました。テレビ番組のお宝探偵団でよく出る言葉ですが「この作品(偽物)を制作した方はおそらく"贋作”を見たのでしょう」というようなものです。最近の旧車文化を象徴している場面であるかも知れません。このコンテッサは最近見る多くのコンテッサのようにとびきり奇麗ではありません。しかし、形態は45年前に日野自動車の工場から出たそのままのことを知ってもらえればと思う「整形美容」や「厚化粧」の無い「素顔の伯爵婦人」なのです。

 この松戸のイベントは派手さはまったくない地味なものであります。しかし、参加者&クルマは硬派なイメージで個人的には好感です。今後も浮き世な他のイベントに毒されること無く我々参加者、そして主催者さんもぜひこの超ローカルな雰囲気をうまく守り、差別化を生かしていただければと思います。今後も松戸に棲む旧車と人々を中心に発展することを祈念申し上げます。来年は10周年です!


この超ローカルイベントはJR松戸駅地下の駐車場から出て、また戻ると言うたった80mの
ミニパレードがある。丁寧にそれぞれもクルマが紹介される。

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2010.10.30)

*****