***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント -イベント - ツーリング(2010年6月26日)クリーンディーゼルを駆って:ディエップ(Dieppe)で待ち受けたのは
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - ツーリング(2010年6月26日〜)

コンテッサの聖地(!?)への旅:ディエップ(Dieppe)で待ち受けたのは


 アルピーヌ(Alipine)、実際の発音はアルパインのように聞こえますが日本ではこう発音するようですががそんなことはどうでもよいでしょう。フランスはパリの北西部に位置する、ディエップ(Dieppe)と言う片田舎の港町にこのApline社は存在します。面倒な理屈は抜きにして誰でも一度は行ってみたいと思わせる「聖地」に夢にまで見た旅をしました。

 さてディエップに向かう前にパリ市内でお参り、場所はMONCAU FLEURS(花屋)のある建物、この一角のアパートメントにアルピーヌ創設者のジャン・レジレ(Jean Redele)さんはディエップのお住まいと行き来してたとご近所の方が思い出を語っておりました。ここで、2007年8月10日,85歳でお亡くなりになったのかと合掌。

 欧州の多くの街は同じと思いますがパリも例外でなくちょっと走れば人口建造物なんぞ消え広大な畑の景色となります。フランスが如何に農業大国であり世界最大の小麦の輸出国であるかを納得するものです。そんな光景がパリ郊外からディエップ近く(以下)まで続きます。

 ほどなくディエップ市内直前で目にした異様な光景(?)、クリオのドンガラが大量にさられているのが目にみることになります。どうやらそこは、アルピーヌ社のサービスデポでサービス販売部門の様です。ドンガラはあるということがボデー・シャルも買える!、これは凄いですネ。

 そしてディエップ市内に入るランナアバウト(グルグル回る信号の無い交差点)でとんでもないモノ、いや人です!例のレジェントでもある腕組みスタイルでジャン・レジレ(Jean Redele)さんが居りました。ここは停車出来ないの写真を撮っておりません。その場所はこのグーグルで見て下さい。現在のアルピーヌ社の本社&工場はこの場所にあります。しかし、街の入口に銅像があるとはディエップ市民の象徴なんだと誠に偉大なものです。これは市内に入るとさらにJeanさんの色々なサインが出てきます。街あげての感じでもあり、彼の言わば城下町と印象を受けました。

 欧州の夏時間独特の夜10時過ぎに陽が落ちて夕食、早、夜明けとなり、ホテル周辺のディエップの海岸を散歩しました。そこには何と!Renault Estafette(エスタフェット)。どうやらシニアの朝のクルマの散歩の様でした。凄い!こんなクルマを足の様に楽しむとは!しかも最高のロケーションです。人生はこうでなくては!

 さて、このディエップへの旅はこれからが本番です。ある目的をもってアルピーヌ社を尋ねました。下の写真のゲートでは広報担当者によれば例のブルーのクリオスポーツかなんかが大量に製造されているようで出来上がったばかりの車両が並んでおりました。

 以上、しり切りトンボですが、この結末は別途でと。因みに目敏い方はお分かりになると思いますが、上のエスタフェットの写真の場所は、誠に偶然ではありますが1965年のある時期に日野コンテッサのスポーツプロト(アルピーヌ製)の写真撮影をした場所そのものであったのです。この写真は良い記念になりました。

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2010.8.12)

*****