***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - 参考情報(2009年11月7日)、福井&石見美術館:日野コンテッサ900スプリント展示、先達に学び新たなる原点回帰を発見する機会 - 不景気を吹っ飛ばせ!
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - 参考情報(2009年11月7日)

福井&石見美術館:日野コンテッサ900スプリント展示

先達に学び新たなる原点回帰を発見する機会 - 不景気を吹っ飛ばせ!


 1964年(昭和39年)、日本は第二次世界大戦の敗戦の復興の証しに向けて東京オリンピックに燃えるような国民一体とも言えるエネルギーに満ちていました。当時の日野自動車も例外ではありませんでした。この年の東京モーターショーはルノー4CVの国産化後の日野初の独自技術&設計と当時、謙虚なトリノ人と評されたイタリア・カロッツリア、ジョバンニ・ミケロッティのデザインなるコンテッサ1300の社運を掛けての披露目でもありました

 実はコンテッサ1300の製品開発プロセス半ばの1962年、日野自動車スチューディオ・ミケロッティは両者の能力を表すべく魅力的なスモール・クーペを世に問うていました。それが日野コンテッサ900スプリントです。当時のプレスなど信頼出来る情報によればこのコンテッサ900スプリントはイタリアで生産し、当時の小型スポーツカーの市場の欧州&米国をターゲットとしました。しかし、その目論みは、東西の合作(コラボレーション)と話題となったものの最終的に欧州の政財界&業界の抵抗に会い実現には至らなかったようです。

 トリノショー(1962年10月)、ジュネーブショー(1963年3月)、そしてニューヨークショー(1963年4月)と欧米での販売を前提に世界のトップショーに展示、その後、製品開発オーナーの日野自動車に納められました。1963年10月の東京モーターショーではその素晴らしい小粋なクーペに見学者は誰しも釘付けになりました。これらのいずれのショーを通じて購入希望がその場で多くあったとのことです。

 文化的に貴重なる唯一のショーカー&プロトタイプである日野コンテッサ900スプリントはその後、日本の多くの試作車が償却期限と共にスクラップになる運命の中、日野本社の倉庫に,さらに新田工場の片隅ながら日野の文化を伝承する財産として関係者の努力で保存されて来ました。90年代初めには展示保存のためのレストアも施され日野本社のエントランスに飾られるようになり、今では日野自動車21世紀センターの大事な顔となっています。

 近々、福井県立美術館また島根県立石見美術館の共同プロジェクトで企画展「疾走する日本車(アート)-1960年代を主軸とする国産車の軌跡-」のタイトルにて、日野自動車からはこの日野コンテッサ900スプリントと量産車の日野コンテッサ1300クーペが展示されるとのことです。

 日本のクルマが単に技術開発の誇示や商売道具だけではなく、真摯な時代考証を行うと共に、「走る機能美」全体を具現化するクルマのデザインを文化(または芸術:アート)として認識することは大変重要なことです。今回、日本の美術館が自動車のデザインに焦点を置いた企画展を進められたことは、このような重要さを正当に認めていただいと推測し感謝するものです。(註:目下、タイトルのみで主意・詳細は不明)

 折しも時代は景気の後退により、特に日本は今までにないほどその回復力が衰えています。しかし、今回の企画展に展示されるクルマ達は60年代に日本の将来を背負った原点に立っていたのです。その後の80〜90年代の日本の自動車産業の世界レベルでの成功が結果であります。

 今の日本は過去のつかの間の栄光にすがることなく、その成功の原点の根っ子とも言える60年代の戦後の貧困から何が何でも脱皮しようとしたエネルギーは何であったかを学ぶ必要があります。新たなサスティナブル社会&ビジネスが求められるグローバル経済になった昨今でもしかりです。これらの世界を目指したクルマ達、とりわけ日野コンテッサ900スプリントを通して見える歴史背景と先人努力を謙虚に学び、何か新たなエネルギーをいただくと共に今後の新たな日本の進路を発見出来ると信じます。

 そのような想いで「先達に学び新たなる原点回帰を発見する機会 - 不景気を吹っ飛ばせ!」としてこの企画展を期待しております。

【開催期間】
島根県立石見美術館:2009年12月23日(水)〜2010年2月14日(日)
福井県立美術館:2010年2月26日(金)〜3月28日(日)

 以下は当時の日野自動車が世界に向けてメッセージを発信した「日野コンテッサ900スプリント」について報じる欧米メディア資料です:

これはおそらく1962年のトリノショーの直前の初の公開。「日野-ミケロッティ:東(東洋?)がクーペを通して西(西洋?)に出会う」なんて理解したらよいか。
***
「日本とイタリアーノの共同作品」
**
TIME誌:Design: Wheels of Fortune(1963年4月19日)
日野コンテッサ900スプリントはカメラ分野のそれらの戦後の成功とともに日本人による大きな流れであろう最新の参入者です。 イタリアで設計されたコンテッサは45馬力のエンジン、そして小さくて粋な二人乗り自動車であり、価格は約2,300ドルです。
TIME誌のアーカイブPDFのダウンロード
**

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:20091107)
(Modified - 20091213)

*****