***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - 見学(2009年6月18日)ディーター・ラムス(Dieter Rams)展 - 府中市美術館 ディーター・ラムス(Dieter Rams)展 - 府中市美術館
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - 見学(2009年6月18日)

ディーター・ラムス(Dieter Rams)展 - 府中市美術館


 工業デザイナーとして、シンプルさと機能美で40年在籍したブラウン社Braun)で多くので製品デザインを排出し、製品デザイン&設計で世界に多くの影響を与えたディーター・ラムスDieter Rams)氏の作品の展示会が府中市美術館で開催されました(7月20日終了)。世界の工業デザインに絶対的な影響を与えたと考える彼の作品を一同に拝めることは一生の内で希な無いチャンスとばかり行って参りました。

 ラムス氏の詳細は様々なWikiなどあるのでここではあえて取り上げませが、1950年代後半からの製品の機能を表す簡潔・明鏡はデザインは今でも新鮮です。またその当時の他社の製品を思い出すとデザインのルーツと感じざるを得ません。ボク自身はデザイン屋でもありませんがその考えに共感をしております。

 以下は府中美術館でも展示されていた気にいった代表的作品です:


左上:Radio-Phonograph - model SK 4/10(1958年、Hans Gugelotと共作)
右上:Portable Transistor Radio - model No. T 24(1956年)
左下:Pocket Radio - model T3(1958年)
右下:Loudspeaker Model - No. LE 1(1960年)
MoMA(ニューヨーク近代美術館)、THE COLLECTIONから抜粋転写)

 ラムス氏の諸々のインタビューをレビューすると「簡単・明解(simplicity)なデザイン」と「誠実(honest)」と言う言葉が必ずあると言われています。そして有名は「Rams' 10 principles for good design(良いデザインのためのラムスの10ヶ条)」と言うものがあるとのことです。それは:

  • Good design is innovative(良いデザインは革新的である)
  • Good design makes a product useful(良いデザインは製品を実用的なものにする)
  • Good design is aesthetic(良いデザインは美的である)
  • Good design helps us to understand a product(良いデザインは製品を理解しやすくしてくれる)
  • Good design is unobtrusive(良いデザインは謙虚である)
  • Good design is honest(良いデザインは誠実である)
  • Good design is durable(良いデザインは長寿命である)
  • Good design is consequent to the last detail(良いデザインは細部にいたるまで首尾一貫している)
  • Good design is concerned with the environment(良いデザインは環境を配慮する)
  • Good design is as little design as possible(良いデザインは可能な限り簡潔のものである)

 これ以上のものは必要ありません。何と簡潔明快なメッセージであり、特に氏の人間性をも表しているものと考えます。府中美術館では誠に高貴なものを拝ませていただいたと言う気分になりそこを後にしました。一生の宝ものとなりました。

 今回展示されてラムス氏含め300点のブラウン製品はブラウン社の所有品で世界各地の美術館を回っているようで、府中の次は英国のロンドンとの事でした。企業自身が自社の製品を偉大なる個人の名前と共に世界に文化あるメッセージを自ら絶え間なく発信していることに対して、モノを怒濤の如く販売し,後は何も無しと言う多くの日本企業と文化とは全く異にするものです。昨今、「Sustanable Enterprise(持続性ある企業)」と言うれるようにそれを実行しているのがブラウン社と考えます。文化の香りを感じる会社の製品は生活の中で使おうというものです。

 実は今回の展示の最後の一角がラムス氏の意思を継いだと言うか明らかな流れを汲むデザインの製品の一つとしてここ数年のアップル社の製品が展示されていました。アップル社の初期の製品、SEなどはその筐体の裏側に関係者の名前のサインが刻まれており、そのデザイナーはドイツの会社の人間と聞いておりました。しかし、ある時代スティーブ・ジョブ氏が去ったいたある時期はデザインを無視し、機能を無視した製品(特にある機種で日本IBMが機能含めてデザインしてしまった)となってしまい暗黒の時代でした。

 その後、ジョブ氏復帰以来徐々に製品デザインについて正常化したと見ております。一つにJONATHAN IVE氏をデザイナーに起用し、見事にパソコンの機能をデザインを通して具現化したのです。90年代後半以来のiMacに始まり、今では一連のiBook/MacBookのクリーンさは疑う余地なし、そしてiPodiPhoneではさらに機能が何であるかデザインがどうすべきかを見事に主張していおります。

【我が家のiPod/iPhone達】


知らない間にこんなに棲息するようになった!
上の丸いiMac(第二世代)はもちろん
JONATHAN IVEのデザイン。

【余談、ソニー考察】 

 70年前後の日本のソニー製品には機能をうまくデザインされていました。正にシンプルに製品機能をデザインしていました。初期のソニー製品をさらにデザインが磨きを掛けたものと信じます。その時代の製品デザインにはラムス氏の意思みたいなものを感じざるを得なく、当時の製品デザイナーは何がしらかの影響を受けていたと分析しております。しかし、この後の70年代半ばから今日に至るめでそれは製品デザイナー不在のごとく機能デザインの欠落、複雑な機能を複雑に表現するのごとく一貫性の無いのアウトプットとなり、今日の業績不振に至ってしまったと分析します。すなわち企業として文化を感じるメッセージが製品を通して語ることが無くなったのです。 


左はTC-355( 1968年)、たったこれだけの操作レバーで3ヘッド機能を持ち
最高のソニーサウンドを演出した、今でもソニーのベストなものとして、
動態保存している。右はTV-330、これもデザインに惚れ購入した。欧州圏では
インテリアの一部しても人気を博し、東欧では80年代後半なで販売された長寿製品だった。

【そして日野コンテッサ1300セダン】

 日野コンテッサ1300のデザイン考です。1300のセダンのインパネですが、これもラムス氏のコンセプトと共通するものを感じざるを得ません。簡潔且つ明解なのです。ギミック(余計なこけら脅し)は微塵もありません。ジョバンニ・ミケロッティ氏のデザインの考え方がそのまま形になったものと考えます。


当時の国産にも良いインパネは多くあったが機能的に一貫性を感じるのが
ベストは日野コンテッサ1300セダンのこのインパネである。
多くのクルマはおそらくデザイナーの意思に反して多くの意見を取り入れ
ギミックを受け入れざ得なくなり、一貫性を欠けてしまったと思う。
同様に日野コンテッサ1300クーペも当時の日本的スポーツカー願望の
ギミック満載と感じる。本来は900スプリントのような機能や目的が明解な
デザインであるべきだったと思う。

【余談:勢い】

 ラムス氏の作品に改めて感動し、ブラウン社の企業文化に敬意し、その後ほどなくして、勢いでしょうか、コーヒーメーカーをブラウン社のものに買い換えました。生活の一部として良いデザインと文化をもった製品に接していることが必要と思う毎日です。


この丸さ加減は第二世代iMacを逆さにしたように見えてくる!

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:20090905)

*****