***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

HinoSamurai.org - イベント - 参加(2009年1月25日)JCCA New Year Meeting 2009 - 想定外の収穫!
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
イベント
*****
イベント、その他 - 2012 年、当サイト・レビュー? (2012.12.31)
あれから,早4年、今は? (2012.11.20)
50 Years Ago:コンテッサ 900 スプリント - トリノショー (2012.10.31)
まつどクラシックカーフェスティバル・「面の皮一枚」でつながった、第11回(2012.10.6〜7)
日野コンテッサ1300、50年前,40年前、そして今 (2012.7.22)
カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (2012.5.26)
サクラオートヒストリーフォーラム - 旧車 is Green (2012.5.12)
日野コンテッサの聖地に新たな展示 - 日野オートプラザ (2012.4.14)
博物館はかくして - Petersen Automotive Museum (2012.3.31)
Reneult 4 Ever (ルノー4、永遠なれ) - 運命の分かれ道 (2012.3.10)
JCCA New Year Meeting 2012 (2012.1.29)
大晦日、今年も恒例の筑波詣で(2011.12.31)
50 Years Ago :コンテッサ1300のデザイン (2011.12.19)
幸手クラシックカーフェシティバル (2011.11.13)
リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原:展示&デモラン出走(2011.10.8)
まつどクラシックカーフェスティバル・新たな出発か?(2011.10.1〜2)
まつどクラシックカーフェスティバル・ファイナル、これで本当に「終わり」か?(2011.9.28)
第7回年次ジャパニーズクラッシックカーショー (2011.9.9)
オートジャンボリー2011:ミケロッティ同士 (続)(2011.7.10)
コンテッサの聖地(!?)への旅:パリ(Paris)散策(2011.7.1)
コンテッサ絶命 - 今年は如何に?(2011.5.27)
千葉県立現代産業科学館:クラシックカー・スポーツカー in 科学館(2011.5.8)
サンデーブランチ:旧車isGreen(2011.4.17)
伝統を貫く:Moon, Santa Fe Springs (2011.4.2)
CG誌2011年5月号:ホンダRA271 (2011.4.1)
JCCA New Year Meeting 2011 (2011.1.30)
大晦日、恒例の筑波詣で(2010.12.31)
日野オートプラザ:ブログのグーグル検索(2010.11.13)
まつどクラシックカーフェスティバル(2010.10.2~3)
サンデーブランチ:ミケロッティ同士(2010.8.15)
真夏の酷暑の中のテストは如何に?(2010.8.1)
コンテッサの聖地(!?)への旅:Dieppeで待ち受けたのは(2010.6.26~)
日産自動車:旧車オーナーも登場する株主総会を視て(2010.6.23)
コンテッサ絶命 - 日野コンテッサは絶滅種か!(2010.5.21)
市内近隣でのお花見(2010.4.4)
空から秋水詣で(2010.3.26)
福井美術館へ1,100kmのロングツーリング(2010.3.19〜20)
塩澤 進午著、日本モーターレース、創造の軌跡(2010.1.30)
NO MAN'S LAND:フランス大使館(2009.12.17)
第一回袖ヶ浦フォレストレースウエイ走行会(2009.11.29)
ツーリング:箱根や富士山麓地域(2009.11.19~20)
福井&石見県立美術館:日野コンテッサ900スプリント展示(2009.11.7)
まつどクラシックカーフェスティバル(2009.10.3~4)
ディーター・ラムス(Dieter Rams)展(2009.6.18)
電気式スーパーチャージャー(2009.5.22)
ツーリング:湘南〜箱根地域(2009.4.23~24)
東京コンクール・デレガンス 2009(2009.4.10)
AutoBook Store詣で(2009.3.28)
ツーリング:山形訪問(2009.1.26〜27)
JCCA New Year Meeing 2009(2009.1.25)
トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑(2008.11.29)
あるGPレーサーとのお別れ(2008.11.25)
秋水詣で(2008.10.10)
ツーリング:関西/中部訪問(2008.9.4〜6)
NSU TTS Gruppe 2(2008.8.8)
秋水詣で(2006.11.11)
*****

イベント - 参加(2009年1月25日)

JCCA New Year Meeting 2009 - 想定外の収穫!


 2009年度のJCCAのニューイヤーミーティングのイベント参加を久しぶりにしました。12月末から外装の磨きをして何とか間に合わせました、というようは時間制約の中で出来ることだけをしました。日野車のコンクールだということであったものの、日野コンテッサクラブも辞めたこともあり、全くの自分の楽しみとしての参加することだけが目的でした。無欲が功を奏したのか、審査員に対するプレゼン(これが日野コンテッサ:素顔の伯爵婦人(厚化粧&整形美容なし))が功を奏したのか、結果的に奇麗な他コンテッサ・エントリーを尻目にサビサビバンパーでもカーマガジン賞(事実上、コンテッサに対する賞はこれ一つだった)をいただいてしまいました。

 まったく個人でコンテツを楽しむために今回のニューイヤーも無欲で参加したのですが、それで充分なのです。しかしこの結果は想定外とも言える程の大きな報酬だったと思います。自分が正しいと思うことを行動すれば、何か結果が出るんだなと、この歳でも感じました。大いに勇気付けられるものでした。良い一日でした。

 そして今回、ニューイヤーの場でコンテッサを並べてあらためて気づいたこと(実証)があります。それはクルマ、すなわちコンテッサには3つの姿、あるいは種類があるのだと気がつきました:

  • デザイナーの意思を転写した個体、すなわちオリジナルのモックアップ:ミケロッティ製プロトモデル
  • そしてプロトモデルを生産技術なりの理解&展開で転写した個体、すなわち生産モデル:日野の工業製品としてのプレスマシンによって造られた当時の販売車(但し、生産初期の型がまだ奇麗なシャープな形状とその後の方のメンテ&修正されエッジが甘くなってしまったプレスがあり、厳密な意味でここでは初期の未修正の型を差す)
  • 数十年を経て、単に奇麗にするためのレストアで鈑金屋とオーナーの利害関係と創造力を転写した個体:ハンマーとパテによって新たに作られた整形美容車

 と、感じた次第です。ボクらの年齢では幸いに二つ目の当時の販売車で頭の中に記憶されています。しかし、最近の多くのコンテッサは三つ目の整形美容車になってしまったことです。鈑金&塗装の技術力の問題とも思われますが、元のプレスの形状&ラインが甘いというが曖昧と言うか一見は奇麗ですが、鉄板をプレス、すなわち「日野が造った工業製品」には見えない、ボクの解釈ですが、そんなように思えて来ました。これは一般には理解が難しいことと思いますが歴史的価値を考えると重要なことと考えております。機構系を進化させることはテクノロジーの進化や当時の設計と言う面で賛成ですが、クルマの形状については工業製品なのでそこを尊重すべきと強く感じた次第です。

註:写真は旧い「京セラ SAMURAI 1300DG」デジカメ(約100万画素)を使用。

当日のプレゼンテーション(抜粋)
開始は左下スタートボタンをクリック

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(江澤:サイトオーナー、オリジナル:2009.2.1)

*****