始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 よくある質問 日本語
プロジェクト ご意見等 ご意見から English
サイトの索引 知的所有権:各頁の下段
*****
クルマ
*****
ルノー日野(1953年)ノックダウン生産
コンテッサ1300クーペ:デラックスモデルとスタンダードモデル
参考:戦後の日野の乗用車のお手本、フランス・ルノー公団:ルノ−4CV(初期の米国向けカタログ)
モーターショー・スペシャル(東京モーターショー、50周年記念)
生産台数
日本国内都道府県別登録台数
*****
ビデオクリップ
日野コンテッサ1300コマーシャル映像
トヨタブリスカ1300(現存)
*****

日野のクルマ:生産台数


日野自工データ(小型車)
車名
コード
生産台数
*
注釈
ルノー4CV
PA
34,853
1952年7月,ルノーと製造・販売契約。1959年9月、完全国産化。1963年8月、製造打切り。1964年3月、ルノーとの技術提携終了。
コンマース
PB
2,344
1960年2月発売。1962年生産打切り。
コンテッサ900
PC
47,299
1961年4月発売。1964年生産打切り。
コンテッサ1300
PD
55,027
1964年9月発売(クーペは1965年4月)。1967年生産打切り。
ブリスカ900
FG
33,916
1961年4月発売。1964年生産打切り。
ブリスカ1300
FH
15,036
1965年4月発売。1967年5月、トヨタブリスカ(10,000台、1年間限定生産)へと。
総生産台数
 
188,475
数字は生産台数の単純合計

当サイトの独自分析: 

日野自動車はコンテッサ1300の生産停止についてその公表はなされてない。社の「日野自動車工業40年史」には1967年のイベントとしてただ「コンテッサ生産打切り、乗用車部門より撤退」とあるのみで、重要なる正確な月日はブランクとなっている。では実際何時だったかについてには、トヨタとの業務提携の発表(1966年10月)、そして正式締結(1967年3月末)など、そしてその実行内容を分析し、下記の月別の公表生産台数を分析すると以下のようなことが見える。

  • 1967年3月の生産台数が前月の1025台からおおよそ1/3以下の301台に激減している。これはおそらく大量生産のラインがなくなったと視る。
  • 1968年5月の生産台数が前月の100台から23台に激減している。これはおそらく少量でも何らかの形で生産されていたものが全く停止したと視る。その後、1969年10月までにほそぼそと工場を出たのが175台(国内向け&輸出向けの在庫処分含め)であった。

以上のようである。実際のところ1968年5月以降に生産された思われる所謂1968年型(昭和43年型)コンテッサ1300クーペのエンジンルームを覗くと、ボルトなど随所に「トヨタ」マークの打刻を見ることが出来る。おそらく一台のクーペを販売するための不足の部品をこれまた生産が打ち切られたトヨタブリスカの余った部品(ないし補給品)を利用したものと推測する。

以上のようで実質的な大量生産中止は19567年3月と見るべきだろう。そしてその後は注文生産と見たい。そして全く注文がなくなったあるいは販売すべき(輸出用の左ハンドルを右ハンドルに改造した在庫処分も含めて)コンテッサ1300が無くなったのが1969年10月と見たい。

尚、上記のように一般には生産中止のアナウンスメントなかったものの、1967年3月のトヨタとの業未提携後の4月に、販売側は「コンテッサ1300の販売続行」を一般向けに表明していることを付け加えておく。また、1967年以降もコンテッサ(日野サムライ含む)のレース活動にも予算が出ていたた訳であるが、これについては生産中止をしたもののコンテッサを月賦購入したユーザーなどに不安を持たせないとの意向があったと関係者の証言を得ている。


(SE, 2009.10.24)

*****