***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野のクルマ:一覧(特殊車両含む)
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
クルマ
*****
ルノー日野(1953年)ノックダウン生産
コンテッサ1300クーペ:デラックスモデルとスタンダードモデル
参考:戦後の日野の乗用車のお手本、フランス・ルノー公団:ルノ−4CV(初期の米国向けカタログ)
モーターショー・スペシャル(東京モーターショー、50周年記念)
日野コンテッサ900 スペシャル(誕生50周年(2011年2月)記念)
生産台数
日本国内都道府県別登録台数
日野小型車グローバル・センサス(調査)プロジェクト
*****
ビデオクリップ
日野コンテッサ1300コマーシャル映像
トヨタブリスカ1300(現存)
*****

日野のクルマ:コンテッサ1300クーペ
デラックスモデルとスタンダードモデル

 日野コンテッサ1300クーペの一般的に市販されたモデルは実はデラックスモデルと呼ばれるものである。当時の運輸省への「新型自動車の届け出の範囲及び届け出資料」によれば、カタログには存在して無かったデラックスモデルとスタンダードモデルが存在する。現存する「自動車諸元表1968年度、運輸省自動車局監修(社団法人自動車技術会)」からも明らかである。

 事実上、どう販売されたか不明であり、カタログ上にも無く、価格表もない、しかし市場には明確な形で出回っている。仕様は下記にあるものの多くはセダン同様に購入者の要望を取入れアップグレードがあったことを想像する(日野に限らずどこのメーカーも当時は安いスタンダード車にデラックス車の装備を要望に応じてデーラーで受け入れたいた)。

 ここでは届け出資料や当時の貴重な写真、そして現存する実車から特にあまり知られてないスタンダートモデルを検証してみよう。

初期のクーペのスタンダードモデル。典型的にシングルライト、モールディング無し。

【PD300型新型乗用車より(運輸省届出資料抜粋)】

 日野PD300型乗用車は、日野PD100型乗用車を基本とした2扉クーペである。PD100型をの相違点は下記の通りである。

  • 乗車定員4名、2扉クーペである。
  • 前席の居住性を重視し、室内艤装、特にバケットシート、メーター、操縦装置など、スポーティな運転操作に適するように配置した。
  • ボデーは、スポーティな空気抵抗の少ないスタイルなものである。
  • 原動機は高速性能の向上のため、吸排気系、弁バネ、カム軸を改造し、圧縮比9.0として最高出力65PS/5500rpm、トルク10.0mkg/3800rpmの高性能なものである。
  • 最高速度145km/h、登坂能力(sinθ)0.43である。
  • トランスミッションは前進4段、後退1段で前進は全てシンクロメッシュである。コントロールはフロアレバーによる機械式リモートコントロールである。
  • 前後サスペンション、スプリング及びステアリング、リタンスプリングを強化して操縦安定性の向上を図った。
  • ブレーキは前輪ディスク、後輪リーディング・トレーリングとし高速時の安定性を高めた。
  • 燃料タンクをトランクルーム内に設置して前輪過重配分を増加した。
  • スタンダードとデラックスとあり、デラックスはスタンダードに対し、下記一覧表に締める様な仕様変更になる。

デラックス車艤装仕様一覧表

項目
適用
  • ヘッドライトはデュアルライトとする。
STDはシングル
  • ガラスは直 吸収グラス(淡青色)
STDは無色
  • バンパーはオーバーライダをクッションゴム付のものとする。
  
  • モールディングを付ける。
 
  • オーナメント、マーク類の変更
 
  • 大型ホイールキャップ
STDは小型
  • ホワイトタイヤ
STDは黒
  • バックランプを付ける。
 
  • フロアカーペット、防音材を付ける
 
  • 内張仕様の高級化
 
  • グローブボックス、キーを付ける。
 
  • ヒーターを付ける。
 
  • 時計、シガレットライターを付ける。
 
  • ラジオを付ける。
 
  • ステップライトを付ける。
 
  • サンバイザーを左側にも付ける。
 
  • アームレストを付ける。
 
  • ウインドウオッシャを付ける。
 
  • トランク内張を付ける。
 
  • トランクルームライトを付ける。
 
  • 低音ホーンを追加する。
 

新型自動車主要諸元表
指定自動車検査証記載事項一覧表(抜粋)

項目
デラックス車
スタンダード車
社名及び型式
日野PD300
日野PD300
類別
D(デラックス)
S(スタンダード)
車両車重(kg)
945
895
乗車定員(人)
4
4
車両総重量(kg)
1,165
1,115
長さ(m)
4.150
4.090
幅(m)
1.530
1.530
高さ(m)
1.340
1.340
客室内側寸法(m) 長さ
1.645
1.645
1.280
1.280
高さ
1.120
1.130
空車時荷重分布(kg) 前輪
365
335
後輪
580
560
積車時荷重分布(kg) 前輪
460
430
後輪
705
685
積車時前輪荷重割合(%)
39.4
38.6
輪距(m) 前輪
1.235
1.235
後輪
1.225
1.225
原動機の形式
GR100
GR100
総排気量(L)
1.251
1.251
燃料の種類
ガソリン
ガソリン
軸距(m)
2.280
2.280
オーバーハングボデー後端迄(m)
0.960
0.960
タイヤサイズ 前輪
5.60-13-4PR
5.60-13-4PR
後輪
5.60-13-4PR
5.60-13-4PR
最大安定傾斜角度(度)
48
48
48
48
車台番号 打刻様式開始番号
PD300-100001
PD300-100001
打刻様式開始年月日
昭和39年8月5日
昭和39年8月5日
原動機の形式 打刻様式開始番号
GR100
GR100
打刻様式開始年月日
昭和39年2月10日
昭和39年2月10日
備考 明細諸元表
別紙
別紙
灯火計器等明細表
別紙
別紙
通称名
コンテッサ1300クーペ
コンテッサ1300クーペ

【市場に出回ったスタンダードモデル】

  • スタンダー車の簡素な内装、これはレース目的のために出荷された。油圧計を装備、またクロームを廃した好ましいメーター類はレース目的の特別装備。時期的には1966年1月。

  • 同車のサイドビュー。余計なモールディング、マークなどを廃している。車高が低いのであらかじめ強化型サスを組込んでいると思われる。また本車両はデユアルライトが装備された。

  • 1967年1月、全日本カークラブ・コンペテションの船橋サーキットに於けるクーペ・スタンダードベースのレーシングクーペ。米国チューン(チームサムライ)のこのクルマはT-1クラスでブッチギリの勝利を得た。当時のカーマガジン(ベースボール・マガジン社)1967年3月号より。

  • クーペ・スタンダード車からGT Protoのテールウイング性能を記録する。場所はおそらく谷田部である。バンパーはゴム無しオーバーライダ、ライトも形状からシングル、そしてウンドウのモールドなどは無し。撮影時期は1965年と推測する。(時期、特定中)

  • LA Times GP優勝車(これもクーペスタンダードベース)の富士でのテスト、1967年3月。手前のクーペは明らかにスタンダードベース。各種モールなし、バンパーの特徴などがそれを表す。よく検証するとこの車両はスポーツキットのマフラー、そしては試作と思われるホイール (二種類あった中の個人的には好ましいタイプ) を装着している。

  • 最近、ニュージーランドで愛好家によってレスキューされた日本から比較的最近輸出されたコンテッサクーペ。総合的な判断をするとおそらくスタンダードベースと推測する。

  • 同車両のシートが最大の特徴。これは当時、非常にまれに見られたリクライニング機構無しのクーペ用シート。後部シート乗り入れのためと若干の角度調整をする簡易な機構である。このシート自体が運輸省届出資料の図面そのものである。

(SE, Original, 2009.10.8)
(SE, modified, 2012.3.9)

*****