***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - 参考情報(TIPs):テクニカル - 参考情報(TIPs):テクニカル:水温計の温度と指針について
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

水温計の温度と指針について


 コンテッサ1300セダンの水温計の指針と実際の温度の関係は、1964年当時の新車当時から結構、オーナーの声として議論されており(参考文献(2))、その際に日野のサービスの回答もなされている。そのデータの背景になっている明解なものは以下のようなものである。

 実際には結構中心から左手に表示されるので低いのかと思うが80度を越えているのオーケーなのだろう。クーペの水温計は一応数字の表記があるが、おそらくこの指針表示と似た様なものであろう。

誤差: 60℃ ±10℃
80℃ ±10℃
100℃ ± 5℃
110℃ ± 3.7℃

【メータークラスターの右下にある水温計の現物】

【サーミスタ (センサー) について】

 GR100エンジンのヘッドについている水温センサー:サーミスタは水温計の関係は以下のようである:

 サーミスタの水温に対する抵抗値は以下のようである:

 実機をテスターで計測してみる。以下は,エンジンを始動してない状態で、外気温と同じ程度で、水温がおよそ35度、サーミスタの抵抗値は,359オームを示す:

 エンジンを始動して、水温がおよそ60度越えになると、サーミスタの抵抗値は,79.1オームを示す:

 温がおよそ80度越えになると、サーミスタの抵抗値は,45.4オームを示す:

参考文献

  • 昭和39年11月9日付け、デーラー・ノート:No.小-248
  • コンテッサ1300 整備説明書 昭和39年9月1日 及び 日野ブリスカ1300 整備解説書 昭和40年1月15日
  • 月刊自家用車、1965年5月号、座談会 - コンテッサ1300を審問する(P42-51)
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2009.4.30)
(SE,、2012.9.16 Added)