始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

ショック・アブソーバについて


 コンテッサ1300の前後ショックアブソーバ(セダン、クーペ共通品)は純正新品が入手出来ればよいが今では困難である。また、45年以上前の部品を使用するのも抵抗を感ずる。ここに参考として実測図を紹介する。代替品の発掘に利用されたい。

 当時の社外品については各サプライヤーから販売されていた。今でもヤフー・オークションでも見ることが必要である。これらの社外品については複数のクルマに利用可能になっているので応用範囲が広い。また、ブリスカ900のフロント用はコンテッサ1300のフロントと共通品(サプライヤーの品番)であったりすることを発見する。ただ日野品番では共通であることは見分けられない。これを推理・推測するのも面白い。

【現物の実測寸法】

F/R各サイズ
(日野品番)
D1
(cm)
D2
(cm)
伸縮 L1
(cm)
L2
(cm)
備考 参考図
フロント
 (6 401 4834 01)
4.80 3.95 縮み 25.0 27.0 下側のボルト径は12mm、カラーの厚さは33mm
伸び 41.0 43.0
リヤ
(6 401 4835 01)
5.45 4.55 縮み 26.0 28.0 下側はメガネタイプ、ブッシュは14-40 (GR-002:Gold Rubber) が使用可能。
伸び 43.0 45.0
(註:上記の寸法は5mm程度の計測誤差あり。おおよその値である)

【現物の計測時の参考写真】

【日野純製品の減衰力】

表-20 伸側減衰力(圧縮側減衰力はクーペ量産車用と同じ)
ピストン速度
(cm/s)
フロント用 リヤ用
クーペ用標準
(セダンも同じ)
強化型
(1)
強化型
(2)
クーペ用標準
(セダンも同じ)
強化型
(1)
強化型
(2)
0.1 60 60 60 60 60 60
0.3 90 105 130 90 110 125
0.6 100 160 200 128 190 210

参考:上記の品番と備考情報(当時)

部品名称 部品番号 個数/台 備考 不要となる量産車部品
ショック・アブソーバ、
フロント
(1) 2 200 5504 00 2 伸側減衰力増加 6 401 4834 01
(2) 2 200 5504 50 2 同上
ショック・アブソーバ、
リヤ
(1) 2 200 5702 00 2 同上 6 401 4835 01
(2) 2 200 5702 50 2 同上

参考文献

  • 日野自動車販売株式会社サービス部、コンテッサ1300 スポーツキットの手引き(4-2 ショック・アブソーバ、表-20、P27)
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2009.11.7)
(SE, Added 2010.5.19)
(SE, Corrected 2011.2.7)