***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - 参考情報(TIPs):テクニカル - 参考情報(TIPs):カラーコード(PD車塗色別使用塗料一覧表)
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

カラーコード(PD車塗色別使用塗料一覧表)


 コンテッサ1300(PD車)のボデーの塗装色のコードはトランクの前面に記されている。(PDFダウンロード:672kb

 カラーコード(塗色記号)は、E:エナメル(Enamel)、M:メタリック(Metalic)、1〜3桁の色の種類、そして末尾無記号は関西ペイントまたは日本ペイント、K:関西ペイント、そしてメタリックはA:神東塗料で構成される。

 これらカラーを再現するために当時のメーカーに問うことは難しいことと考えるが、例えば、「RAL - color space system」のようなもので等価な正確な色を示せればありがたい。

 尚、カタログ(クーペ)R121 (65-11)にある「オパールクリーム・メタリック」であるが現実には存在せず、実車はE39のメタリックでない通常(ソリッドカラー)塗色である。

詳細
塗色名
塗色記号
ブラック
E5
オパールクリーム
E39
マーブルグレー
E61
ベネチャンレッド
E94
スモークブラウン
E98
ダブブルー
E111
シェルホワイト
E121
オランダブルー
E133
ネイビーブルー
E143
ネイビーブルー
E143K
セイジグリーン
E166
セイジグリーン
E166K
マリーナブルー
E183
マリーナブルー
E183K
アイシーホワイト
E131
ストーングレーメタリック
EM87A
クラレッドメタリック
EM104A
ワインレッドメタリック
EM114A
ミンクゴールドメタリック
EM128A
バイキングブルーメタリック
EM153A
モスグリーンメタリック
EM176A
ミスティブルーメタリック
EM193A
セダン色見本(R119 (64-8)より、拡大は絵をクリック)
セダン色見本(R123 (65-5)より、拡大は絵をクリック)
クーペ色見本(R121 (65-5)より、拡大は絵をクリック)
クーペ色見本(R121 (65-11)より、拡大は絵をクリック)
 カラーコードの認識について:以下の様にトランクルークのフロント側に記されている。

以下は、EM39、すなわちオパールクリーム

以下は、EM104、すなわちクラレッドメタリック

以下は、EM114A、すなわちワインレッドメタリック

以下は、E143、すなわちネイビーブルー

以下は、EM153A、すなわちバイキングブルーメタリック

以下は、EM176A、モスグリーンメタリック

以下は、E121、シェルホワイト

以下は、EM87A、ストーングレーメタリック

 これらカラーコードは再ペイントの際の重要な情報である。また、このフロントの部分の塗装はホボ当時の色が忠実に残されているので色の再現に参考になる。もしこのコラーコードが記されてなければ、何らかの修復(事故も含む)がすでに成されていることを意味する。

本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)
(SE,、2009.5.23変更)
(SE,、2009.11.22変更)
(SE,、2011.1.14追加)
(SE,、2011.1.29追加)
(SE,、2011.7.17追加)
(SE,、2013.2.2追加&修正)