***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - 参考情報(TIPs):テクニカル - 参考情報(TIPs) オイル周り関連 - フィルター
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

オイル周り - フィルター


 日野コンテッサのオイル・フィルターは、部品として一般のルートで入手することが不可能になって久しい。正にコンテッサ1300 (あるいは同じフィルターを持つトヨタ・ブリスカを含み日野ブリスカと日野ブリスカ1300) の生産中止から10年後の1977年の数年後を過ぎてから街の部品屋から徐々ではあるが完全に消えた。当時は、余る程と言うべきか大量に注文できた (当時の価格で、600〜700円程度か) 。しかし、今では、ネット・オークションに出ることは希であり、出たとしても、結構、高い価格になってしまった。


1980年前後の日野コンテッサクラブの夏のミーティングの際の
アトラクション (運動会!) での景品。1等は5ヶ、2等は2ヶ、3等は1ヶと、
オイル・フィルター (トヨタ・ブリスカ用) は、大盤振る舞いだった!

 入手困難になったオイル・フィルターに対して、仲間内 (当時の日野コンテッサのクラブも含み) で、その対策が話題になっていた。その対策とは、およそ、次のようなものである:

  1. ストックを持つ
  2. 手持ちものを、洗浄しながら長く使う
  3. 他車のオイル・フィルターを使うためのアダプターを制作する
  4. 他車のオイル・フィルターを流用する
  5. 究極として、日野に依頼し、あるいは業者に依頼し、同じフィルターを造る

 それぞれの状況は,以下の通りである:

【ストックを持つ】

 これは、今では困難であるが、70年代のある時期まではいくらでもあった。その意味で、個人差はあるが、当時、何十年か分の自分の必要な数をキープするという方は大勢いた。今でもおそらく多くは温存されていると推測する。当サイトオーナーも例外ではなく、かなりの数をキープした。しかし、結構、仲間内でお譲りしたりで、指で数える程度のみとなった。

【手持ちものを、洗浄しながら長く使う】

 当サイトオーナーはまだ、経験してないが、先輩諸氏は結構、灯油・ガソリンで洗浄して再利用している。ある東北の先輩は、たった2ヶのオイル・フィルターで四半世紀をもろともせず使っている。走行距離は大したことないのでそれでオーケーというものだ。昔の整備マニュアルには、オイル交換の際には、フィルターはガソリンで洗浄することと、ちゃんと銘記されていたのでから。

【他車のオイル・フィルターを使うためのアダプターを制作する】

 日野コンテッサのオイル・フィルターが市場から消えた80年代のある時期、当時の日野コンテッサのクラブでは、ミーティングの度、何年もその対策方法の議論が繰り返された。しかし、アイデアは色々あるものの、誰1人とも、体を動かすものは皆無だった。口角泡を飛ばす、ご意見も、結果的に何とも情け無いものだった。

 そこで、90年代のある時期、当サイトオーナーは、自分のイメージを描いているアイデアを現物に出来ないかと、行きつけの老舗の内燃機屋に相談してみた。その要件は以下のようなものだ:

  • 日野のアルミのボデーは強度がないので (油圧が上がり、割れた経験あり) 、そこに負担をかけないようにする。そのために、ボルトが新たな強固なベースに締め込むようにする。そのベースはアルゴン溶接でしっかりと固定する。
  • フィルターには日産 SR20DEを使用。これは当時、ファミリカーだったアベニール用で手元にあったからだ。
  • イベントなどでの、見てくれを考慮し、外見上,元のようにする。その為に、コンテッサのフィルターのカバーを付けられるようにしておく。

 そして、図面を創っていただき、二日後に出来たのが以下のようなものだった:


全体がこの4点、ボデー、ボルト、フィルター、そしてケースから成り立つ。シンプルこの上ない。


主要部品はこの二つ。ボルトは日産用のピッチで加工。
トヨタ用のピッチを切れば、トヨタぼフィルターが利用出来る。


アルゴン溶接が実に上手く出来た。担当したのは若い人だったが、今でも感心する出来具合。


当時の日産のアベニールのフィルターを取り付けるとこのようになる、
目論み通りの出来ぐらいである。


フィルターのケースを入れてみる。


見事に、収まった。お釈迦様でのこの中に日産のフィルターが入ってるとは思うないだろう
当時のJCCAのニューイヤー・ミーティングの日野コンテッサクラブに持ち込んだ。
評価は、何と、こんなものは一万円で出来ると、、議論だけの複数のクラブ員の修理屋の弁。
しかし、その後、結果的にこれを見て、議論ばかりだったものがアダプター制作へと向かった。
その際に、彼ら自称玄人の修理屋さんから、図面を貸してくれと言われた。
素人としては、玄人の礼節なのない行為に、当然、知らない振りをした。
その後、クラブ内で販売されたものはこのような優れた形状にはなってないと思う。

 現在は、「本命コンテツ」が完成するまで、挨拶代わりに使っている「コンテッサ1300DX」に装着している。フィルターは、SR20DE用に代えて、バネット・ディーゼル用の容量の大きなものを使用している。理由は経験的にこの方がどうも洗浄能力が高いようである。

【他車のオイル・フィルターを流用する】

 このアイデアは、簡単であり、ベストと考える。ただ、ドン・ピシャは見つかっていない。議論をして当時は、下からスプリングで押さえればと、確かにそんな構造のクルマもある。しかし、知る限り、他車のオイル・フィルターを流用する方法は、誰も実施したという話しは聞いていない。でも、この方法はひと時も、頭から離れてない。

 しかし、最近、MB C220のオイル交換をした際に、コンテツと似た様なフィルター (所謂、カートリッジ式、環境対応で新しい素材で、システムはエコな昔に戻りつつある) が気になった。そこで、3F (フォーム/フィット/ファンクション) の精神で、グーグル検索をしてみた。そうすると、丈、すなわち、高さは3ミリだけ小さいものが,現代のクルマにあった。

 目下、注文中、手にするのが楽しみだ。以下は、アイデア・スケッチ:

 オイル・エレメントの新造!を参照。

【日野に依頼し、あるいは業者に依頼し、同じフィルターを造る】

 これについては、今となっては、様々な代替策があるので、努力する価値はないだろう。

【番外編:トイレット・ペーパーによるオイル・フィルター】

 70年代、米国で通常のオイル・フィルターに代えて、どこにもあるトイレット・ペーパーを代用する方法があることを知った。自動車雑誌などの広告に結構、宣伝が出ていたのだ。コンテツのフィルターがいよいよ無くなったらこれもありかなと頭の片隅あったことを思い出した。上記のクラブの話しの中でも、紹介したが、誰も興味を示さなかったし、それどころか、一笑に付したようだった。それは今ではどうでも良いことだが、ネットでチェックしたらこの方法に根強いファンが今だ多くおられることだった。賛否両論はあるようだが、通常のフィルターに比較して、洗浄能力は高いようで、9万キロ (6万マイル) オイル交換無し、トイレット・ペーパーは、およそ5千キロ (3千マイル) ごとに交換なんてのがあるようだ。昔はコストが安いことだけのメリットと理解していたが、今だ支持者がいるということが、そういうことかと感心した。グーグルで、「toilet papaer oil fileter」で検索と面白い。以下はその、若干の例:

【参考文献】

注意:本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2012.4.28)
(Added, 2012.12.14)
(Added 2013.1.10)