***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

オイル周り - ドレインプラグ


 オイル周り関連 - ドレインプラグ

 【詳細写真】

 場所的、あるいは角度的に実際見ることが難しいドレイン・プラグ廻りは、内部含めて以下のようになっている:

【ドレイン・プラグ 廻り日野の改善】

 上記の写真のオイルパンのドレイン・プラグの構造は、長所として、オイルが完全に抜き易いも構造であるものの、締め過ぎなどによる変形も発生し易いという欠点もあった。事実、当サイトオーナーも経験したし、今でも多くのコンテッサでも見られる。大型トラックのような18mmX1.5mmというプラグはどうしても力が入ってしまう。ただ、日野の整備マニュアルに締付けトルクに関するデータが載ってないのである。信頼すべきHaynseのマニュアル (日産510用) では、2.0〜3.0kg f mとあるので、そのようなものであると推測する。

 ヤワなコンテツのオイルパンの問題を理解したのか日野もかなりの時間を経て、1966年に入りドレイン・プラグ 廻りを強化したオイルパンを装着するようになった。ただ、こうスペーサを介したものでは大したことではないだろうが、オイルを完全に抜くという長所は若干そがれてしまう。でも整備工場やオーナーによる不注意な締め過ぎには少し効き目があると思う。

 参考迄にこのオイルパンが装着は以下のシャシー番号である:

PD100-536082 (3M) 以降
PD100-536462 (4M) 以降
PD100-536218 (S) 以降
PD300-102455以降

 部品番号については:

旧品 :3 005 1102 03
対策品:3 005 1102 07

【ドレイン・プラグ 日野製 vs. アルミ汎用品】

 日野製のドレイン・プラグの良い点は、材質そのもの以上に形状に特徴がある。それはヘッド部分がかなり薄いのである (下記写真の右) 。その理由が知る由がないが、装着した際の見た目が良い。デッパリが少ないのである。と、言うことは、当時の悪路での干渉を少しでも避けようとしたのだろうか?でも、数ミリの差など関係なく、当時の山道に入れば、コンテツは、床もオイルパンも容赦なく、こすったのは一度や二度ではなかった。今ではそんな道路は普通ではめったにないので安心である。

 そこで現代の薄いドレイン・プラグを探してみた。使い捨てではあるが、汎用品で手頃な価格で以下のようなアルミ製を発見した。使うかどうか未定だか、結構、見てくれは良い。

 因みに、以下はコンテツ・サイズのトヨタ用のドレイン・プラグ。ヘッドが結構高いのが難点。幸いなことに、もうトヨタもこのサイズは使ってないようであり、街の部品屋からも姿を消した。

注意:本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします

参考文献:

  • DATSUN 510 & PL 521 Pick-up 1968 thru 1973All Models Owners Work Shop Manual,Haynes Publishing Grope、1974, 1981
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2012.4.29)
(Added 2014.5.20)