***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - 参考情報(TIPs):参考情報(TIPs): テクニカル関係 - 車台番号 (シャシーナンバー)  と装備品の関係 (クロスレファレンス)
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

車台番号 (シャシーナンバー) と装備品の関係 (クロスレファレンス)


 3年にも満たない日野コンテッサ1300にも様々な変化が見られます。その多くは、どの産業製品にも見られる予期せぬ初期の設計・製造上の不具合を改善する、また若干なりの市場のフィードバック、そして多くはコストダウン、すなわち部品の原価を低減させる、あるいは製造プロセスを改善するなどと分析しています。

 初期の車両には全体に統一感のない過剰な品質、またはその逆なものが見受けられ、時間が経るに従って、品質の底上げ、あるいはその逆と言ったものが明らかに目に見えるものです。また、ある期間だけの不具合、すなわちロットの不良など、またさすが工業製品だけあって同じように同じ部分だけが劣化するなどこれまた興味深いものがあります。当時の日本の製造業の努力をかいま視るものです。

 最近の旧車ブームのマニアの間では、初期型とか後期型と分類するような表現がよく用いられます。日野コンテッサ1300も例外ではなく、旧車イベントで「初期型」「後期型」ありきでご意見・評価をいただきます。当サイトオーナーとしては、日野コンテッサ1300としてはそのような分類は出来ないと断言します。理由は簡単であり、クルマとしては3年未満の寿命であり、何も変わってないということです。冒頭に記述した、設計・製造の品質の問題、そしてコストダウンだけということです。マイナーであるにせよデザイン上の魅力ある変化とか、運転・運動性能の向上などにはまだ手がついてなかったと分析します。

 解り易く表現すれば、「生産中止まですべて初期型」というのが正しいでしょう。すなわち、日野コンテッサ1300は、生産中止に至まで購買意欲を引き出すような商品力に関する新たな提案というものは、残念ながら盛り込まれなかったのです。しかし、日野コンテッサ1300の名誉のためにあえて言えば、欧州でのデザイン・コンクールでの評価を受けて、サイド・オーナメントのデザインを変更したくらいだと考えます。これは明らかにブランド価値を高める明確な市場へのメッセージでありました。そして、重要なことは、「初期型」「後期型」ではなく、生産された時期でどのような変化があったかというです。整備もそれによって全く異なりますし、部品全体の整合性も大いに注意しなければなりません。また、そのようなことを理解し、保持してこそ、日野自動車の当時の努力含めて日野コンテッサのブランドや価値を評価すべきものです。

 「初期型」、「後期型」、あるいは「最終型」などは、正に「a thunderstorm or a tempest in a teapot」、すなわち「コップの中の嵐」 (ささいなことで大騒ぎすること) と考えております。

 以下は、日野コンテッサ1300のシャシーナンバーをインデックスとした改善&改良のポイントです。

  • PD100-536406 (3M) 以降
    PD100-536654 (4M) 以降
    PD100-536585 (S) 以降
    PD300-102562以降
    変更箇所:トランスミッションのケースの材質をアルミから鋳鉄に変更
    目的:防音効果を向上させるため。これは大義名分と推測。本来ならば、ケースの形状を解析するなりして、本質的解決のために最適な形状にすべきものだろう。当時のデーラーの話しでは、変形 (強度不足) によるベアリングのガタが発生するこを聞いていた。結果的にノイズの発生となった。しかし、形状はそのままで鋳鉄になった。重量も相当なるもの増加の筈である。
    参照:
    イベント - 参加(2012年5月26日)、カーマガジン・クラシック・ウィークエンド (第五回)
  • PD100-545973以降
    PD300-103443以降
    変更箇所:ブレーキおよびクラッチのパイプのジョイントをインチからミリサイズのねじに変更
    目的:ルノー4CV以来の国際規格であるSAEのインチ (3/8-24) を日本のJIS規格のミリ (10mm&P=1他)に変更。当時のトヨタ (RT-40など)はJISであり、この変更の時期 (1967年4月以降) からみて、コンテッサの延命のためか、それはトヨタへの統合も背景にあったのか (?).
    参照:
    ブレーキおよびクラッチのパイプのジョイントをインチからミリサイズのねじに変更

註:PD100はセダン ("S"を含む) 、PD300はクーペ。
  
目的などの表現・説明は、本サイト・オーナーの見解です。

参考文献:

  • デーラー・ノート 及び パーツリスト
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2012.3.17)
(SE, Added 2012.3.20)
(SE, Added 2012.3.31)
(SE, Added 2012.4.3)
(SE, Added 2012.4.7)
(SE, Added 2012.4.14)
(SE, Added 2012.6.16)
(SE, Added 2012.7.21)
(SE, Modified 2012.7.22)
(SE, Modified 2012.9.16)
(SE, Modified 2012.10.15)
(SE, Modified 2012.12.15)