***********************************************

 HInoSamurai.orgのHPのデザインが新しくなりました。5秒後にジャンプします。(2013.3.20)

***********************************************

日野コンテッサ - プロジェクト - 参考情報(TIPs):テクニカル - 参考情報(TIPs):防振対策関連
始めに・歴史 クルマ 寄稿 トップページ
モータースポーツ 文献 イベント 日本語
プロジェクト Tips よくある質問 English
ご意見から サイト内検索 サイトの索引
知的所有権:各頁の下段
当サイトの使命:たった2年7ヶ月の日野コンテッサ1300の足跡を後世に残す!
*****
Tips(参考情報・助言)
*****
TIPs(参考情報:助言)
*****
自分のクルマは
自分で作れ!
*****
注意!
本Tipsに記述してある内容は、あくまでアマチュアの経験であります。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアだけがご参考下さい。
恐れ入りますが、他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりませんのでご注意下さい。
これについてご意見のある方はこちらまで (実名表記にて)
*****

参考情報(TIPs): テクニカル関係

防振対策関連


 防振対策関連

 執筆中

 実は最近 (2013年1月) 、当時のCARグラフィック (参考文献) を読み返してなるほどなと思うことがあった。それは小林 彰太郎さんが、当時、新発売のスバル1000を試乗して例外的に静かであることを賞讃していた。その要因は、エンジンの機械的騒音の静かさに加えて、冷却ファンが無いことを大きく評価している。正に、コンテッサの弱みそのものに当てはまるものである。昭和30年代のボデー設計技術から新たに進展した時代の剛性の高いスバル1000 (その証拠に600kg台の車重、コンテッサよりも300kgも軽い) がベースであるものの、それ以上にアルミのエンジン・ブロック、ミッションでも静か、さらにコンテッサのガンであった冷却ファンは無しである。これはクルマづくりに全く新しい時代に突入したと言える。日野の小手先の騒音対策は「付焼き刃」的対策は無力なものだったのではないかと危惧するものである。

参考文献:

  • CARグラフィック 1966年10月号,自動車望見,車と騒音、小林 彰太郎
注意:本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします
本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて)

(SE, Original 2012.2.25)
(SE, Added 2012.6.16)
(SE、Added 2013.1.9)